素人が調べたもので誤りも多々在ろうかと思いますが、気のついた点はご指摘を頂き、古い資料や写真等があればご一報いただければ幸いです。


by hirosan_kimura

№76 阿品台ニュータウン

e0125014_11391384.jpg

 阿品台ニュウタウンは広島県が造成した団地で、この団地により廿日市の人口が大幅に急増した。しかし、入居開始後30年以上経過し、入居当初は働き盛りの人達も高齢者となり、当時は小さかった子ども達も都会へ転出し、今ではどこにも負けないくらいの高齢者の街となっている。

昭和46年10月16日
 廿日市地区住宅造成事業(開発面積約136万㎡)の地元説明が、鰆浜・阿品住民を対象に開催される。午後7時30分から旧阿品公民館。

昭和46年12月13日
 翌年2月末日までの計画で、廿日市地区住宅団地造成のための、現地境界杭打・測量が着手される。

昭和49年7月
 「阿品台」の造成工事が着手される。全体面積 137㌶。住宅戸数 3,500戸。計画人口 12,600人。

昭和53年8月10日
 県営住宅158戸の入居が開始される。同日、団地内の路線バスが運行を開始される。

昭和54年4月1日
 「廿日市町立阿品台東小学校」が開校する。「私立つくし幼稚園」が開園する。

昭和55年8月1日
 「阿品公園」75,166㎡が完成する。

昭和56年4月1日
 「廿日市町立阿品台中学校」が開校する。

昭和57年4月1日
 「廿日市町立阿品台東保育園」が開園する。
 阿品台~大野町青葉台間の山が掘削され、道路が貫通する。

昭和58年4月1日
 「広島県立廿日市西高等学校」が開校する。「阿品台公民館」が開館する。

昭和58年6月12日
 「阿品台地区コミュニティを進める会」が発足する。

昭和58年12月1日
 阿品台に消防団が新しく編成される。
 
昭和59年2月
 廿日市ニュータウンの全ての工事が完了する。

昭和60年4月1日
 「廿日市町立阿品台西保育園」が開園する。

平成2年12月1日
 「廿日市消防署西分署」が整備される。

平成3年8月27日
 「阿品台地区老人クラブ連合会」が発足する。

平成12年4月1日
 「日本赤十字広島看護大学」が開校する。

少し古い統計であるが、平成18年4月1日の人口 9,556人。世帯数 3,131世帯である。
Commented by hirosan_kimura at 2013-05-07 09:49
 旧阿品のことは子どもの頃から古老より話を聞き少しは分かりますが、阿品台のことは分からないことがたくさんあります。ブログで色々紹介されることを楽しみにしています。
by hirosan_kimura | 2009-02-26 04:57 | 阿品台 | Comments(1)