素人が調べたもので誤りも多々在ろうかと思いますが、気のついた点はご指摘を頂き、古い資料や写真等があればご一報いただければ幸いです。


by hirosan_kimura

№726 町内会紹介「鼓ケ浜」

e0125014_951590.jpg

昭和60年3月31日発行 阿品地区コミュニティをすすめる会 
「さんさん阿品第4号」より抜粋

 東にナタリー、西に競艇場、その間に挟まれたこの団地が出来て、早や13年が経過しました。昭和46年3月」、廿日市町より分譲されたこの団地に、現在「一四二戸」の住宅が建築されていますが、空家もありますので、常時世帯数は一二五、人口四〇〇、その内子供は六十余人、また六十才以上の方も子供と同数程度おられます。

 この町内会は、47世帯で昭和47年5月に発足しましたが、それまでは阿品西の町内会に所属しており、当時の町内会長さんは、岩鏡神社下の西山さんでした。

 また町内会の名称を「鼓ケ浜」としたのは、この団地の分譲案内に「廿日市町地御前鼓ケ浜団地」としていましたので、この名称を採用したものです。

 当時、町尚会の最初の仕事は、宮島線に停留所を設置し、交通の不便を解消することでした。陳情や交渉を随分くりかえしたものですが、漸く53年8月「たじり」が設置されました。

 この他、53年にはニュータウン行きのバスも開通し、海岸には高潮対策として堤防の建設もはじまり、6年経過した今日なお建設中です。

 10年前は小鳥も庭によく来たものですが、昨今は非常に少なくなりました。また海岸では小魚がよく釣れたものですが、貝と共に年々減少しています。

 最後に、現在この団地の課題は集会所を建設してもらいたいことです。公民館は近くにありますが、陸橋と云う障害物がありますので、行政当局に考えていただきたいものです。

 子供達は、この団地が「ふるさと」です。キレイで平和な団地を子供達に引き継ぎたいものです。                      記 望月圭三
Commented by MIYA at 2015-11-25 17:31 x
お久しぶりです。

子供達は、この団地が「ふるさと」です。キレイで平和な団地を子供達に引き継ぎたいものです。

この1文に感動しました。
Commented by hirosan_kimura at 2015-11-26 09:31
有難うございます。間もなく12月と言うのに暖かい日が続きましたが昨日からぐっと冷え込んだ阿品です。私たちから見れば新しい「鼓ケ浜」ですが、この地で生まれこの地で育ちこの地が古里の子ども達がたくさん居るのでしょうね。
by hirosan_kimura | 2015-11-25 06:11 | Comments(2)