素人が調べたもので誤りも多々在ろうかと思いますが、気のついた点はご指摘を頂き、古い資料や写真等があればご一報いただければ幸いです。


by hirosan_kimura

№725 引っ越したお地蔵さん

e0125014_9455032.jpg

 このブログ№131「結婚式とお地蔵さん」を紹介した。このお地蔵さんは阿品の結婚式の度に引っ張り出され婚家に運び込まれていたものである。ところがこのお地蔵さんが鎮座されていた屋敷が取り壊され、お地蔵さんの姿も見られず更地となっていた。

 お地蔵さんはどこに行かれたのかと思っていたら、JR阿品駅の裏側附近に引っ越しされていた。

e0125014_947366.jpg 元お地蔵さんのあった家の親戚の方が新しい場所に移転されたようである。元あった場所は「鰆浜」で新しい場所は「阿品」、現在の地名で言えば阿品一丁目から阿品二丁目に引っ越された。

 引っ越し先は日当たりも良いが、祠もなく野ざらしである。
 このお地蔵さんの由来を知る人も少なくなったが、いつまでも語り継がれて行くことを願うばかりである。

e0125014_9463640.jpg

Commented by hitoshi at 2015-11-24 16:03 x
なんと言うか、ほっとしました。婚礼のとき
”座りが良いように”という洒落でお地蔵さんが使われていたという話しは聞いた事がありました。そんな地蔵さんの行方がわかって。産廃扱いで処分されることもあるんでしょうから。地御前の踏切近くにあった交通安全の地蔵さんは、コンクリートの基盤が老朽化して溝に転落されましたが、金剛寺墓地に越されていました。なかなか粗末な扱いもできませんが越されると、存在の意味合いが薄れて行きますね。
Commented by hirosan_kimura at 2015-11-25 06:10
 このお地蔵さんも簡単で良いから雨よけのようなものと説明板でも設けられ、通りかかる人たちが草花でも手向けるようになればいいですね。
by hirosan_kimura | 2015-11-24 10:08 | Comments(2)