素人が調べたもので誤りも多々在ろうかと思いますが、気のついた点はご指摘を頂き、古い資料や写真等があればご一報いただければ幸いです。


by hirosan_kimura

№676 地御前の地名(16)

e0125014_19122898.jpg

 地御前の地名を紹介したが、これらは部落毎の地名でいつの時代から名附けられているのか分からない。

 上図はいつの時代のものか分からないが、海岸線は現在のJR線路より山側になっている。観音堂は離れ小島となっているが、今では周囲は埋め立てられ家屋が密集している。金剛寺の沖には「二ツ山」の地名も見える。

 この図に「砂畑」「八ツ面」「余田」等の地名があるが、この図の時代からあった地名か後から書き加えられたのかは分からない。

 文政二年(1819年 195年前)の「国郡志御用下調書出帳」に当村小名が記録されている。

「金剛寺(コンゴウジ)」 「今市(イマイチ)」 「ヤリコ廻(ヤリコザコ)」 「八ツ面谷(ヤツヲモテダニ)」 「野坂谷(ノザカタニ)」 「見上寺(ケンジヤウジ)」 「若宮谷(ワカミヤタニ)」 「横竹(ヨコタケ)」 「大迫谷(ヲヽサコタニ)」 「大神谷(ヲゝカミタニ)」 「氏ノ面(ウジノメン)」 「我が迫谷(ワガサコタニ)」 「花香林(カコウハヤシ)」 「志和久谷(?)」 「臼が迫(ウスガサコ)」 「本サコ(ホンサコ)」 「蛇が谷(ジャガタニ)」 「権四郎谷(ゴンシロウタニ)」 「牛が谷(ウシガタニ)」 「水木が谷(ミズキガタニ)」 「サバゝ谷(サババタニ)」 「塩鳥(シオトリ)」 「前ケ谷(マエガタニ)」 「挽木谷(ヒキギタニ)」 「椿谷(ツバキタニ)」 「ジゴク谷(ジゴクダニ)」 「隠亡谷(ヲンボウダニ)」 「釜が休(カマヤスミ)」 「ナカイケ」 「観音谷」 「晒シ越谷(サラシゴエタニ)」 「竹ノ内} 「神馬ガハナ(ジンメガハナ)」 「「松が久保」 「見ノ越(ミノコシ)」 「ヱノシリ」 「灰床(ハイトコ)」 「田屋」 「平原(ヒラバラ)」 「宮崎(ミヤザキ 平原之内)」 「キヨヒラ」 「神家(ジンガ)」 「鹿ノ子谷(かのこだに)」 「三枚田(サンマンデン)」 「鴨原」 「阿品」 「鰆浜」 「上田尻」 「下田尻」

 上記の内、「蛇が谷」「権四郎谷」「牛が谷」「塩鳥」「前が谷」「挽木谷」「椿谷」「ジゴク谷」「隠亡谷」「晒シ越え谷」「神馬ガハナ」「見ノ越」は阿品地区の小字であった。「灰床」は沖山と火立岩間の海岸付近である。

 また、「阿品」「鰆浜」「上田尻」「下田尻」については「飛郷」と注釈が付けられているが、地御前村時代は「大字」であった。
by hirosan_kimura | 2014-12-05 05:46 | 地名 | Comments(0)