素人が調べたもので誤りも多々在ろうかと思いますが、気のついた点はご指摘を頂き、古い資料や写真等があればご一報いただければ幸いです。


by hirosan_kimura

№619 131年前の地御前村

e0125014_122287.jpg

 明治16年の地御前村の調査表が目に付いた。県か国に提出したものであろうが調査項目が今と随分異なっている。村の所在が「安藝国佐伯郡地御前村」と標記されている表もある。最初に神社の調べが有り、「村社・三社、雑社・九社」でお寺は「末寺・有住・二ケ寺」とある。

 現在では廃止されているが、華族・士族・平民等の調べが有り華族は無く「士族3世帯 男7人 女8人」とあり残りは平民となっている。

 村の全世帯は471戸で人口は2,381人。男1,225人、女1,156人、計2,381人で内訳は
        男     女
 7歳未満 217人  212人
 7歳以上 352人  336人
20歳以上 482人  414人
50歳以上 167人  188人
80歳以上   7人    6人
となっており現在と比較すると、随分年齢構成が異なっている。 

 その他の調べは、「戸長役場 一箇所、戸長 一人、筆生 一人、学務委員 一人」とある。

 学校は「公立小 一校、学校教員は準小学卒 副導補 男 一人」となっているが意味はよく分からない。

 出生数は前年一年間分であろうが76人で、男37人・女39人となっている。

 死亡者数は44人で、男19人・女25人となっている。このうち14歳以下の死亡者は8人で、男8人・女0人となっている。80歳以上の死亡者は6人で男3人・女3人となっているが、当時としては随分長寿であったのであろう。

 ちなみに昭和31年に地御前村が5ケ町村と合併した際の人口は4,357人であった。明治16年の人口と比較すると73年間で1.83倍の人口数となっている。

 旧地御前村の地域の昨年の人口は21,354人となっている。130年前の地御前村の人口と比較すると約9倍になっている。世帯数でみると当時の471世帯が8,938世帯となっており、実に19倍近くに増加している。

 ちなみに一世帯当り平均家族数は、明治16年は5.05人であったが現在では2.38人と半分以下になっている。
by hirosan_kimura | 2014-02-20 14:45 | 行政 | Comments(0)