素人が調べたもので誤りも多々在ろうかと思いますが、気のついた点はご指摘を頂き、古い資料や写真等があればご一報いただければ幸いです。


by hirosan_kimura

№534 人が見ていないと

e0125014_1036910.jpg
 犬の散歩で歩いていると様々な注意書きの看板が見受けられる。「危険なところに入らないようにしましょう」「釣りをする人はマナーを守りましょう」などが見受けられるが、中でも犬の飼い主に対するものがたくさんある。

e0125014_10363599.jpg 市や公衆衛生協議会が掲げたもの。













e0125014_10365490.jpg


e0125014_10371687.jpg  
 



e0125014_10382880.jpg
  

 

 マンションの管理組合が設置したもの。



e0125014_10384681.jpg 


 
 これは個人が作って居られる花壇の傍にあるが、町なかの塀に立小便をするのを防ぐおまじないのような鳥居を描いたもので「うんこもしっこもダメ」と犬の飼い主に対するもので、宮島の鳥居であるが神様のばちが当たりますよと言うことであろう。







e0125014_10393367.jpg「お犬さま」と書いてあるが飼い主に対するものであるが、この看板を見て糞を持ち帰るような常識ある人ならば最初から糞を放置するようなことはないであろう。

 
 


  このように随所に犬の糞に対する注意書きがあるのはマナーを守らない人がたくさんあるからで、看板を掲げた人の怒りが目に見えるようである。

  この付近を散歩する犬は血統書つきのような立派な犬ばかりである。これに対して散歩している人の中にはマナーを守らない人が一部見受けられるが情けないことである。

 この人たちは人目に付けば糞の放置はしないが、誰も見ていなければ平気でマナーを守らないが、犬が口をきけば何と言うのであろうか。

 猫に対する注意書きもあるが、猫を見掛けることは殆どない。


e0125014_1039556.jpg 「阿品桜」は今が満開で見ごろである。
by hirosan_kimura | 2013-03-25 11:35 | その他 | Comments(0)