素人が調べたもので誤りも多々在ろうかと思いますが、気のついた点はご指摘を頂き、古い資料や写真等があればご一報いただければ幸いです。


by hirosan_kimura

№506 朝の日課

e0125014_10542778.jpg

 毎朝、朝食が終わった頃犬の散歩をするのが朝の日課である。豪雨でもない限り少々の雨でも犬のため中止する訳にはいかない。少し前までは6時に家を出発するのが定例であったが、まだ暗く寒いし最近は横着をしている。コースはほぼ決まっており三丁目の東半分を一周するが、ゆっくり廻っても小一時間掛からない。

 まず家を出てすぐ前の電車沿いの道に出て右に廻る。正面の高台は「ふじタウン」で昭和57年4月に664区画が完成した住宅団地である。

 明日は全国都道府県対抗男子駅伝。普段静かな町内も午前中はすぐ傍の道路で選手が練習で走り回り、午後からは国道にたくさんの観衆が集まりにぎやかなことであろう。

e0125014_10502280.jpg 広電線路沿いの道を東に向かう。左斜めの堤防は海側が埋立てられて上部のみしか見えない。堤防の奥側は昭和6年2月に開通した広電宮島線軌道、明治12年1月に開通した旧国道と昭和7年3月に改修新設された新国道、明治30年9月に開通したJR軌道が平行して走っている。なおJR阿品駅は平成元年8月に開業した。

e0125014_10504611.jpg 川の手前で右折する。朝日で逆光となり鮮明ではないが、左上から中央下の坂は「阿品陸橋」で海岸を埋立てる際、国道・国鉄・広電を横断するために昭和46年3月に完成している。橋梁部分の総延長は259mで、3億4千万円の工事費であった。

e0125014_1051489.jpg 川を越えてマンション側を海側に向かっている。右側が川で干潮時のため側面下方に帯状に緑の海草が付着している。

e0125014_10512544.jpg 
 

 マンション前海岸に沿って進むが、右側が堤防・左側にマンションが連なっている。この地は昭和49年4月に開園した「遊園地なたりー」があったが、平成8年3月に閉園している。この間910万人の入園者があった。跡地にはマンションと大型店舗が開業している。マンションは平成11年から平成21年に架けて整備され総戸数802戸ある。
 海岸沿いは遊歩道が整備され、散策・犬の散歩・ジョギングなどを楽しむ人が見受けられる。

e0125014_10514443.jpg 平成13年に建てられた一角で外壁改修のための足場が組まれている。

e0125014_1052266.jpg
 



 海岸沿いを突き当たり右折する。右側は堤防。左側は写っていないがマンションがある。中央前方の山は「監視山」である。あまり高い山ではないが、遠い昔この周辺の海が埋立てられていなかった頃、海岸に突き出し周囲を見渡すことが出来るため、敵の襲来を見張るため監視に適していたらしい。
 堤防の柵でよく見えないが右手に「お上がり場公園」がある。この地は明治天皇が西国巡礼された際、明治18年7月31日に厳島の大聖院に宿泊され翌8月1日に海路この地に上陸されいる。天皇が阿品に来られるということで昼夜兼行で桟橋を築造している。これを記念して昭和6年には記念碑が建立されている。昭和40年代までは松が生い茂り海水浴場もあり多くの人が訪れていたが、西広島バイパスの工事で敷地も狭くなり松枯れで松も無くなり今では見る影もなくなっている。
 またこの場所付近より、宮島航路が開通するまで厳島渡船の発着場もあった。遊園地があった頃はジェットコースターのコースが海に突き出していた場所でもある。

e0125014_10522558.jpg 突き当たって西側に向かう。右側に堤防が見えるが、広電軌道造成のため鰆浜・阿品の海岸を3,256坪埋立てた際の護岸である。堤防の完成年月は不明であるが大正12年12月に埋立申請が提出されている。昭和40年代までは鰆浜・阿品の海岸沿いは堤防が連続していたが、海岸の多くが埋立てられ堤防の上部から下部まで見ることが出来るのはこの場所のみである。海水交じり狭い用水路には不思議と大きな鯉が以前より生息している。
 写真でははっきり見えないが、前方には「ふじグランナタリー」」広電阿品駅」「横断陸橋」がある。ふじグランナタリーは平成11年7月に開業している。敷地面積21,048㎡、建築面積23,680㎡である。申請は鉄骨四階建て51,260㎡であったが、大型店舗が新設されると周辺店舗を圧迫するということで大幅に圧縮されている。申請通りに認められていれば今と違った賑わいとなったのではなかろうか。広電阿品駅は平成12年8月に移設開業している。JR阿品駅~駅前広場~国道~広電を横断する長い歩道橋は平成12年6月8日に完成している。

e0125014_10531014.jpg 更に進み「阿品陸橋」まで帰ると、真下に広電旧駅のホームが残されている。広電「田尻駅」は昭和53年8月1日に新設された。平成12年8月1日に東70mに移設され旧駅が廃止された。平成13年11月1日に「田尻駅」は「広電阿品駅」に改称されている。旧駅はホームのみ残されているが軌道側に柵が設けられ真上には阿品陸橋があるので、犬の散歩で雨が降った際格好の一休み場である。

 三丁目の東半分を回り延長2km有るか無いかの短い距離であるが、阿品の過去を辿るのに興味深い場所である。我家はもうすぐである。
 
Commented by Miya at 2013-01-24 19:20 x
監視山と言うんですね。あそこを子供の頃、プリン山と呼んでいました。山の上のところのさらに一段盛り上がった上に木が生えていて、その盛り上がりのところの土がむき出しだったのでそう呼んでいた記憶があります。野犬が出るという話で、あまり近づかなかったんですが。
Commented by hirosan_kimura at 2013-01-25 04:26
 面白い話を有難うございます。ネタに困っているので、早速ブログに使わせてもらいます。この他に阿品に関して記憶に残っていることがあったら教えてください。
by hirosan_kimura | 2013-01-19 14:20 | その他 | Comments(2)