素人が調べたもので誤りも多々在ろうかと思いますが、気のついた点はご指摘を頂き、古い資料や写真等があればご一報いただければ幸いです。


by hirosan_kimura

№442 新宮島駅

e0125014_8351761.jpg
 
 珍しい写真が入手出来たので「№426」で紹介したが、この写真は古い冊子よりコピーしそれを更にコピーしたもので極めて不鮮明な写真であった。その写真を修整してもらったので、再度掲載して見た。

 この写真は昭和4年に撮影されたものらしいが、阿品~厳島間連絡船は大正14年に運行が開始されている。

 連絡船が二隻停泊しているが、写真では暗くてはっきりしないが、右手から桟橋までの通路の橋脚も覗える。

 遠く鰆浜と阿品境の山は、松の木々が繁っていたのが分かる。
e0125014_10253937.jpg

 左側の連絡船乗場の桟橋先端に、待合室か分からないが簡易な駅舎の建物がある。

 右側の「広電新宮島駅」は大正15年に業務開始している。

 この駅が出来るまでは、連絡船に乗る人々は地御前駅からこの地まで歩いてくるか、自動車で来ていた。この駅の開業により、宮島に渡る人たちの利便性は一層ました。

 駅舎裏側の山々に青々と木々の繁っていた様子が良く分かる。
e0125014_114749.jpg

 正面から見た写真では「広電新宮島駅」の配置が良く分からないが、斜右上より写した写真で昭和5年頃撮影されたもので、駅の配置の様子が伺える。

 右側の工事部分は、新国道を新設ため山を削っているところである。広電軌道と新国道を沖島橋で交差さすため、山を削り国道の坂道を整備している。

 旧国道は、工事中の崖と広電軌道との間の曲がった舗装されていない道路部分である。

 既に広電宮島線は、宮島口までの軌道もほとんど完成しているようである。鰆浜付近の新国道も殆ど拡幅工事が終わっているようである。

 昭和6年2月1日には、広電宮島線が宮島口まで延長され、阿品~厳島航路・広電「新宮島駅」は廃止され、鰆浜に「広電阿品駅」が開業した。

 新国道は昭和7年3月に五日市~阿品間が完成した。 
by hirosan_kimura | 2012-04-23 09:27 | 交通 | Comments(0)