素人が調べたもので誤りも多々在ろうかと思いますが、気のついた点はご指摘を頂き、古い資料や写真等があればご一報いただければ幸いです。


by hirosan_kimura

№437 フジタ ドルフィンクラブ ナタリー

e0125014_14132099.jpg
 昭和49年に開園した遊園地「広島ナタリー」の一角に、昭和61年にスポーツ施設「フジタドルフィンクラブ ナタリー」が開設された。

 この施設はエアードーム型では日本初と言われるスポーツ施設であった。屋根は樹脂コーティングされたガラス繊維布で出来た恒久空気膜構造で、自動的に制御された内圧により屋根が支えられていた。

 延べ面積は865.3㎡、スパンは23m×45mで天井高は8.4mであった。
e0125014_14135039.jpg 屋内プールでは水泳教室が開かれていたが、国内で有数の各種水泳大会も幾度か開催されたこともある。

 グループで5人集まると年間を通してのプール利用券が割引になるということで、誘われて会員となり時間のある時に良く泳ぎに行った経験もある。

e0125014_14142423.jpg 水泳以外にも各種スポーツ教室が開かれていたがその会員は平成5年頃がピークで1700人程度あったが、平成13年頃にはその会員数も1400人程度と足踏み状態となっていた。

 このため従来のスイミングクラブからの脱却を図り、スポーツ教室の充実や文化講座をスタートさせることとした。教室には太極拳・空手・ソシアルダンス・整体・こども体操・スポーツマッサージ等があった。 中でも本場中国出身の留学生が指導する太極拳が一番人気があった。

 これに加えフラーワーアメジメントやペン習字など、公民館より幅広い地域・年齢・職業の集まる人の場の提供施設としての計画もあった。

 平成11年9月の台風ではエアドームのテントが壊れ予定されていた大会が延期されたり、平成13年の芸予地震でも被害が出た。

 その後、この地に大型ショッピングセンターやマンションの建設が計画され、平成18年にドルフィンクラブは閉鎖された。
by hirosan_kimura | 2012-04-16 06:59 | 体育 | Comments(0)