素人が調べたもので誤りも多々在ろうかと思いますが、気のついた点はご指摘を頂き、古い資料や写真等があればご一報いただければ幸いです。


by hirosan_kimura

№418 運勝の鼻

e0125014_10225037.jpg

 JR・国道・広電宮島線の敷設や住宅団地の造成により今では見ることが出来ないが、その昔田尻山に連なり半島が岬のように海岸に突き出ていた。
e0125014_10404347.jpg この岬に岩が侵食され穴が空いていた。この岩穴が牛の「鼻ぐり」に似ていたので「はなぐり岩」とも呼ばれていた。

 また岩が穿がかれていたので「うがちの鼻」とも呼ばれていたが、後に「運勝の鼻」の字が当てられている。

 大正14年の地御前村基本調査では、「厳島の戦の時、毛利軍の一隊 此の山の端にに穴を穿ち対岸の厳島根に大縄を打ちかけて、軍船この縄伝ひに夜陰に乗じ櫓声を忍ばせ一気に厳島に押渡り、奇勝を博したりといひ伝ふ」とある。

 阿品での言い伝えでは、毛利軍の要請により、阿品の農家がこぞって稲藁を縒って縄を作りこれを繋いで、阿品から厳島まで届く長い長い縄を作ったそうである。

 毛利軍は櫓を漕いで厳島に渡船すると敵軍に気付かれるので、この縄を伝って声を出さず船を進め厳島に渡ったと伝えられる。

 お陰で敵軍に気付かれず島に渡ることが出来、奇襲に成功し毛利軍の大勝利に終わったと伝えられている。この勝利により「穿ちの鼻(うがちのはな)」を「運勝の鼻(うがちのはな)」の字を当てはめたと言われている。

 阿品ではこのような話が伝えられているが、厳島合戦に関する文書にはこのような記録は残されていないし、合戦に関する歴史家に聞いてもこんな話は聞いたことも無いらしい。

 合戦記は正確な文書が残されている場合を除き、読者に面白くおかしく読ませるため作者が伝わる戦記を捻じ曲げたり、独断で付け加えたりすることが多いそうである。

 阿品の農家が長い藁綱を作り、それを伝って毛利軍が舟を進めた言い伝えは、阿品の人の作り話なのか、それともこれに似たような事があったのか永遠に分からないであろう。

 なおこの功績により地御前村の漁師には、此の地より見渡す限りの海の漁業権が毛利軍より与えられたとの言い伝えも残されている。

 また、阿品の山々に連ねる峰に肥田子を並べそれに松明(たいまつ)を燃やし、そのかがり火を見た厳島の敵軍に毛利側の軍勢を誇大なように騙したとの言い伝えも残されている。
 
by hirosan_kimura | 2011-12-31 11:43 | 名勝・旧跡 | Comments(0)