素人が調べたもので誤りも多々在ろうかと思いますが、気のついた点はご指摘を頂き、古い資料や写真等があればご一報いただければ幸いです。


by hirosan_kimura

№413 身元不明者

e0125014_10321637.jpg

 今では余り見かけなくなったが、昔は阿品地域でも身元の分からない変死者が良くあった。

 私が在職中でも昭和40年代までは、時折自殺者があり首吊り・汽車への飛込み・入水などの変死者が見受けられた。

 身元不明の変死者があり、検視が済むと死体は警察より地元の役所に引渡される。引渡された死体は福祉担当の者が処理に当たっていたが、その都度気持ちの良いものでなかったことを今でも思い出す。

 昭和12年5月13日の午前7時、田尻の鉄道線路上に轢死によるバラバラ死体が発見され、警察官並びに医師立会いの上検察執行が行われ、同10頃終了し仮埋葬したとの記録がある。

 佐伯信地御前村長より、富田愛次郎県知事への報告によると、
本籍・住所・氏名・職業等不詳。
推定年齢45歳・男性。
人相 全身概ね粉砕し補足するべきものはなし。
身長約165cm。体重約60kg。皮下肥肪比較的発達す。キャラコのワイシャツ・ネクタイ・鼠色のチョッキを着用。

 検視者は地御前1970番地の1 根石二誠医師とある。番地から推定すると、鰆浜の元吉田病院に在職されたお医者さんではなかろうか。

 所持品は夏帽1・洋傘1・手帳1・眼鏡1・拡大鏡1・金メッキ懐中時計1・皮製懐中1・郵券(切手?)三銭1枚・朝鮮一円紙幣4枚・満州国五十銭銀貨1枚・国幣五十銭銀貨6枚・同十銭4枚・同一銭銅貨6枚とある。

 死体処理に要した費用は
金 4円 死体仮埋葬人夫賃
金57銭 木箱1個代
金10円 死体掘出並びに火葬代
金 1円 火葬場費
計15円57銭とある。この額は後に県より村役場に支払われている。

 過去阿品地域でも多くの身元不明者があり村役場で処理しているが、この中の一例である。

 身元不明者が出ると阿品のある地域に埋葬していた。埋葬後、身内が現れ確認するため遺体を再度掘り出すこともあった。身内の遺体と確認され、腐乱しかけた遺体に取りすがり嘆き悲しまれる光景を目にするのは居たたまれない気持ちであった。

 昭和42年12月に町営火葬場「霊峯苑」が竣工してから、阿品の地域に身元不明の遺体を埋葬することもなくなった。
Commented at 2012-03-05 00:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hirosan_kimura at 2012-04-09 13:54
 遡ってブログを点検しているとコメントが入っており驚いています。もう少し早く気がつけばと悔やんでいます。古い阿品の情報があればどんな些細なことでも良いですから教えてください。縁とは不思議なものですね。
by hirosan_kimura | 2011-11-30 12:17 | その他 | Comments(2)