素人が調べたもので誤りも多々在ろうかと思いますが、気のついた点はご指摘を頂き、古い資料や写真等があればご一報いただければ幸いです。


by hirosan_kimura

№385 舗装前の国道

e0125014_14263390.jpg

この写真は昭和7年に撮影された鰆浜の新国道である。

 この国道の完成は昭和7年3月とあるから、完成間もない時期の写真である。この当時は道路の舗装がされていない。道路が舗装されたのは昭和11年である。

 阿品の海岸沿いには人がやっと通れるような道があったらしいが、この頃の主要道路は宮内から置くに入り阿品の山の裏側を通り、遠く九州方面に向かっていた。

 明治12年に海岸沿いの旧国道が開通したが、道幅は三間(約5.4m)・海沿いの高さは海岸から一尺五寸余りとあるが、この高さでは波の荒い日には道路に海水が揚がっていたかも知れない。

 明治26年の新聞では「廿日市以西の国道は非常に破損し車馬の通行も出来ざる程に至れり」とあるように国道とは名ばかりのようであったらしい。

 旧国道は写真左側山沿いにまっすぐの位置である。

 新国道が完成した時、阿品の人々はその広さにびっくり仰天し、戦争になればこの道路に飛行機が離着陸するのではないかと噂しあったそうである。

 また「雨の日でも、わらじで歩くことができる」と関心したそうである。

e0125014_14211793.jpg


 新国道が完成した時、飛行機が離着陸出来る広さに当事の人がびっくりした道路も、車社会の到来により狭隘となり、西広島バイパスが完成し鰆浜はその西端出口となった。

 道路拡張のため海岸が埋立てられ、広電の軌道は海側に移設され道幅も広くなり、この付近は大きく変容している。

 国道を自由に往来していたが車の増加により危険となり、高くて長い陸橋が架設された。

 沿道にはマンションも建てられ風景も随分と変わった。

 上の写真の右側にあった「火立岩」も電車軌道移設のため無くなってしまった。
by hirosan_kimura | 2011-04-22 10:16 | 道路 | Comments(0)