素人が調べたもので誤りも多々在ろうかと思いますが、気のついた点はご指摘を頂き、古い資料や写真等があればご一報いただければ幸いです。


by hirosan_kimura

№352 便利になったJR阿品駅周辺

e0125014_991580.jpg

 工事中であったJR阿品北口のエレベーターがやっと完成した。今では階段のある駅には、エレベーターやエスカレーターが設置されているのは当たり前であるが、JR阿品駅が完成した平成元年頃は、阿品のような小さな駅にエレベーターを設置するような発想はなかった。

 阿品駅は橋上駅のため乗客は階段で駅舎に登り、ホームに降りるにはまた階段を降りる必要があり、高齢者や乳児を連れた乗客には不便な駅であった。

 その後バリアフリーの考えにより、駅舎からホームに降りるエレベーターは設置されたが、駅舎には依然として階段の昇り降りが必要であった。

e0125014_9194527.jpg 海側にはふじグランと言うショッピングセンターがあるが、間に国道・広電宮島線があるため、駅舎とそこを結ぶ長い陸橋があるが、陸橋に上がるためには駅舎の階段を登る必要があり、駅の南側広場からはエレベーターが設置されたが、北側からは依然として階段を登る必要があった。

 南側は駅前広場の一角を利用してエレベーターを設置出来たが、北側は線路のすぐそばがが道路で、エレベーターを設置できる用地もなかった。

 そこで自転車駐輪場や送迎車回転上場を一部移設して、元の道路の一角にエレベーター設備を設けて今回やっと、駅の裏・表側にエレベーターが完成した。

e0125014_925840.jpg このエレベーターの完成によりJRを利用する人のみで無く、駅の北側から広電を利用したり、ショッピングセンターを利用する人の利便性は一層増すこととなった。

 ただ一つ残念なのは、長い陸橋を渡りきった所に数段の階段があることである。この階段が無ければ車椅子や乳母車を利用する人にとっては容易に通行出来るのだが、スロープを設けるなどの工夫は出来ないものであろうか。
by hirosan_kimura | 2010-03-25 09:56 | 交通 | Comments(0)