素人が調べたもので誤りも多々在ろうかと思いますが、気のついた点はご指摘を頂き、古い資料や写真等があればご一報いただければ幸いです。


by hirosan_kimura

<   2016年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

№757 小さなホテル

e0125014_10165436.jpg

 最近、地御前界隈で外国人の姿をよく見かける。これは地御前神社前に出来た宿泊施設に滞在する人々である。大半が宮島への観光客で広電で三駅目の地御前であるが、中にはJR串戸駅から歩いて来られる人もあるようで大層繁盛している様子である。

 宿泊施設はある会社の研修施設であった建物を改造したものである。ある程度まとまった人数が宿泊できるのか大型バスが駐車していることもある。この地には大正の終わりごろ建てられた料亭のような建物があり、のちに旧国鉄の保養所に変わり「鉄道会館」と称した施設が昭和40年代頃まで残されていたような記憶がある。

 鰆浜(阿品一丁目)の西端で先年まで民家があった地が整地され、新しい施設が立てられている。何が建つのか気になっていたが最近工事が始まり「ホテル」が建つようである。

 ホテルといっても敷地面積180坪、建坪36坪、延床68坪の小さな木造二階建ての施設である。部屋数は僅か7室で民宿に毛が生えたようなミニホテルである。

 こんな場所でこんな小さなホテルで、経営が成り立つのか素人判断で心配な気がしないでもない。
しかし地御前の繁盛振りを見れば、広電駅にもJR駅にも近いのでPR次第で外国の人に周知されれば多くの人が宿泊するかも知れない。

 この地は毎朝犬の散歩コースである。来年の春過ぎにはこの付近で外国人を行き来されるであろうが、片言でも駅までの道順を英語で説明できるようになりたいものである。
by hirosan_kimura | 2016-11-08 11:07 | Comments(4)
e0125014_1150346.jpg
 これは鰆浜に生まれ育ち現在は阿品台に居住しておられる方が、老人クラブの冊子への投稿文をご本人の了解を得て掲載するものです。一部修正した部分もあります。

 「昭和初期に生まれ、戦中戦後昭和二十四年まで、幼少から小学校・中学校・現高等学校に通学、就職までを阿品の地で育った記憶を辿り、今年六十五歳(投稿当時)まで生かして戴いた感謝の気持ちで投稿します。

 阿品の地名は地御前村字阿品(鰆浜・田尻)でした。鰆浜は広電阿品(現 阿品東)電停地区、阿品はJR阿品北地区、田尻は現阿品四丁目地区でした。「お上がり場」より西ナタリー・阿品三丁目は砂浜の綺麗な海でした。広電阿品(現 阿品東」駅に一番近い処が私の生家です。

 私の幼少時代の阿品地区は山あり、谷あり、川あり、海はいつも綺麗で、四季を通じて子供達の遊びには最適の地域でした。
 
 春
 春は今の一丁目(鰆浜)付近は梅樹があり、四月三日は各戸弁当を作り、家族揃って山に登って花見の会をしたり、城を作って戦争ごっこをしたものです。五月の節句は「馬とばし」、地御前神社から役場(シルバー人材センター 註現在は寿司屋さん)までの間を、野武士姿で弓と矢を持って馬に乗り疾走するお祭。神社付近には出店が並び、賑やかな祭だったと記憶しております。今想うと、あんな狭い道路で左右から馬を囃したて、事故もなくよくやったものだと思います。
 
 夏
 七月は管弦祭。その頃の管弦祭は宮島から地御前神社まで、各地から集まったお供船が連なって、御座船の神踊管弦で盛大な祭でした。管弦祭の前日には着飾った牛十頭が地御前神社の浜辺を鋤を曳いて清掃していました。
 又、阿品海岸は海水浴場の適地として,お上がり場・広電阿品駅(現阿品東)はキレイな浜辺であり、飛び込み台等も作られ、子供達の水遊びの天国でした。汐の満ちた時は防波堤から飛び込んで水泳を楽しんだものです。又、私の家の前にはイリコ干し場の広場があり、昭和十年頃は広島市商の生徒や泳ぎの出来ない兵隊さん達の夏季強化訓練で一週間位テント生活で水泳訓練に励んでおりました。疲れをとるために大釜でアメ湯を炊き、それを御馳走になるのが楽しみでした。昭和十六年位まで数年間、毎夏続いたと思います。
 
 秋
 秋祭は、鬼の面をかぶり青竹を持って部落内を走り回り、ガキ大将達は鬼の後を追って走ったものです。その日は若い女性の厄日で、女性を見掛けると相手構わずお尻を竹の棒で突くのです。鬼になる若者も結構楽しそうでした。豊作を願ってのお祭です。
 又、この阿品はキノコの宝庫でした。松茸やオカンスケ(白いキノコ)・黒っこう・ヒメジ等が豊富に生え、山を一日中歩き回る事もあり、キノコ狩りの面白さ、秋の味覚一杯の山と谷と小川のある土地でした。赤トンボ・夕方になるとコーモリ等、網で捕まえられる程飛んでいました。
 
 冬
 正月は早起きをして宮島の弥山に登り、初日の出を拝むのが年初めの行事でした。今の鰆浜運動場(県病院跡地)は全部田んぼで、トンドの行事の場所でした。トンド焼の材料集めは、現阿品台の山林の手入れ掃除を兼ねて行いました。下刈り雑木を部落民全員が持ち寄り、太い青竹十数本とで大きな櫓を組み、注連縄(シメナワ)を張り、火を着けます。竹の割れる音、下刈雑木のパチパチと激しく燃え盛る火柱は盛大でした。皆さんが持ち寄ったお正月の飾りモチを焼いて食べたり、書き初めに一年の願いをこめ、トンド祭を楽しんんだものです。
 子供の遊びは、ハネ突き、タコ揚げ、コマ回し、パッチン、ビー玉等戸外の遊びが中心でした。広場に輪を書いての相撲の取組み、当時は郷土出身の安芸の海が連勝中の双葉山を破った時期で、ひいき力士名を付けての子供相撲も盛んでした。

 纏まりのない文章ですが、数十年前の阿品は私のふるさとである事は間違いない事実です。私の親父さん達が築いた阿品を愛し、我々の時代から孫子まで住み佳い故郷であるよう願うものであります。」
by hirosan_kimura | 2016-11-03 14:04 | Comments(4)