素人が調べたもので誤りも多々在ろうかと思いますが、気のついた点はご指摘を頂き、古い資料や写真等があればご一報いただければ幸いです。


by hirosan_kimura

<   2016年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

№743鰆浜の天井川

e0125014_13352986.jpg  阿品台が造成される前までは鰆浜の谷には、右奥の大谷から流れ出る川と左側奥の権四郎谷から流れる川の二本があり、河口から少し上流で合流し海に流れ出ていた。古い地図を見ると両方併せて「鰆浜川」と表示してある。

 両方とも奥域が短いので流れる水量は僅かなもので、幅の狭い川の底を水がさらさらと流れる程度であったが、絶えず清らか水が絶えることなく 流れていた。今と違い川底も両岸も自然のままで、川の深さは足首の少し上か膝の下ぐらいであった。

 このような川なので小さな子どもが川に入って遊んでも危険で無く、暖かくなると川に入って遊ぶ姿を見ることがあった。川にはメダカかたまに泥鰌がいる程度であったが、大谷から流れる川で鰻を掴まえたと言う人もあった。こんな小さな川に鰻が棲みついているとは驚きであるが、自然に掘れた穴に居たのか海から登って来たのかも知れない。

e0125014_1013771.jpg 右奥から流れる川は細い農道の横を流れていたが、左奥の権四郎谷から流れ出る川はそばの田圃より高い所に水が流れていた。

 真ん中に白く見えるのは台風の雨で増水した川であるが、通常は川底に浅く水が流れている程度である。川の右に細い畔道があり、田畑は一段と低い場所にある。

 左上は鰆浜の谷の奥にあった唯一の民家である。右上の谷は田畑ばかりであるが、今では上部の山は住宅団地で削り取られ、田畑ばかりであった谷は奥が見通せないほど民家が立ち並んでいる。

e0125014_10265034.jpg この写真はほぼ同じ場所を上流から写したものである。終戦後間もなく阿品地域を襲ったルース台風で鰆浜の川が決壊し、崩れた土手に土嚢を積み上げ修復しているところである。

 この写真では分かりにくいかも知れないが、川より一段低い場所に田畑がある。

e0125014_10134672.jpg 上の写真とほぼ同じ場所の現在の様子。川は道路の左下に見えるが、奥の山が削られ流れ出る水も僅かとなり川とも言えないような川になってしまった。昔の川の位置はこの写真の道路より少し高い所を流れていた。

e0125014_10143111.jpg 今では川の位置が変わっているが、それまではJR線路敷きのかなり高い位置の線路下の通水路に流れ出ていた。

 この写真は線路上側の通水路の遺構でであるが、ここからすぐ線路下を通水し、線路沖側は2~3mの高さから川の水が落下していた。子どもたちはこれを「鰆浜の滝」とかってに呼称し、夏の暑い時には頭から被って遊ぶこともあった。
by hirosan_kimura | 2016-04-03 11:55 | 地形 | Comments(2)