素人が調べたもので誤りも多々在ろうかと思いますが、気のついた点はご指摘を頂き、古い資料や写真等があればご一報いただければ幸いです。


by hirosan_kimura

<   2016年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

e0125014_1349248.jpg

 鼓ケ浜町内会宮島口寄りの端っこに競艇選手の宿泊施設が建てられている。 この施設は敷地面積860㎡にRC8階、建築面積418㎡延べ面積1992㎡で宿泊室25室とある。
 この施設の建築計画が広島県モーターボート競争会より地元町内会に申入れられた。これに対して町内会は平成8年5月20日付けで廿日市市長宛に陳情書を提出している。

 申入れが寝耳に水で町民一同驚き、豊かな環境が破壊されるのではないか、当該地は第一種住居地域で大部分が低層住居専用地域で景観・日射・風害等の影響は出ないか。使用目的から推察して町内の風紀が乱されないか不安である等の理由が挙げられている。

 現在でこそ競艇場に行く人は激減しているが、最盛期には沢山の人が訪れ近隣地域で風紀上問題を起すような例を目にすることも珍しくなかった。このため競艇場に対して何となく悪印象を持つのは当たり前という風潮があった。

 この後、市に依る地元説明会、町内会と業者との話し合い等が何回か行われている。その間の詳しいやりとりなどは分からないが、最終的には選手宿舎は建てられている。

 e0125014_13495310.jpg 新しい選手宿舎が整備される前は、競艇場正門向かいJR線路の上側に昭和43年12月に完成した「水交会館が」があった。新しい施設の完成により平成9年の夏に閉鎖されている。
by hirosan_kimura | 2016-03-28 10:54 | その他 | Comments(0)
e0125014_1340934.jpg №21で{「明治天皇」阿品に御上陸}を紹介した。先日、地御前出身で広島市在住のOさんより新しい情報を提供していただいた。Oさんには今までもたくさんの情報を提供イタダキ、ブログでも何篇か活用させていただいた。提供して頂いた資料では阿品に関しては僅かしか触れられていないが、天皇が広島を訪問した理由や帰りに休憩された草津の小泉家に関して説明されている。


明治天皇の広島への巡幸
 明治18年4月、福岡県小倉近郊において、広島の第五鎮台と熊本の第六鎮台の諸兵を合同して実施大演習をおこなうことが企画され、この演習の状況を天皇に親閲を願うことを参謀本部長と陸軍卿が連署して上奏したのであった。

 そして演習閲覧後の還路の際には山口・広島・岡山の3県を巡幸頂くように奏聖請したのであるが、これに対して宮内卿から4月中旬に東京を出発され、演習後には3県下を巡幸されることが決まった、との連絡が入った。

 これに対して3県では、巡幸が円滑に進められるようにと、沿岸海浜の深浅の測量と浚渫、道路の整備や橋の改修をおこなうなどし、供奉の吏員や車の儀仗兵なども指名して準備万端整えていたのであるがたまたま天皇が微恙(軽い病気)にかかられたので、演習閲覧のための御行は取りやめとなった。

 天皇の巡幸を準備万端整えて待っていた3県下の官吏県民一同は、巡幸中止の報に落胆失望は大きかったが、これが宮内庁の聞くところとなり、改めて明治18年7月15日に告示があり、明治天皇は山口・広島・岡山の3県下を巡幸のために7月26日に東京を出発されることになったのである。

 この時の山口県から広島に至る巡幸日程は次のようであった。
7月26日、軍船「龍驤」艦に座乗、春日・筑紫の二軍艦に護衛されて品川      を出航。
7月27日、午後6時10分神戸港に投錨。
7月28日、午後7時50分伊予大浦に投錨。
7月29日、午後7時45分三田尻沖に着艦。
7月30日、山口県庁に臨幸。
7月31日、午前4時50分山口の宿泊所を出発。8時三田尻に到着、本艦              龍驤に座乗10時45分出航、午後6時厳島湾に投錨、大聖院の御座所に到着。

 翌8月1日 厳島神社に参拝されて幣帛神饌を捧げられ、別途神社の修繕費として金一封を充てるようにと県令に告げられたのであった。
 さらに浅野忠宮司の案内で社殿の説明を受けられ社内周辺を巡覧されて、午後1時行宮(天皇御幸時の仮御所)を出発、2時20分地御前村字阿品に上陸されたが、ここでも村民が花火を打ち上げて祝意を表し、ここから馬車で廿日市村の岩尾沢太郎宅に着かれしばらく休憩の後、草津村の戸長であり酒造業を営んでいる小泉甚右衛門の家にお着きになったのであるが、時に午後3時30分であった。

 同家には約40分余休息されて、一路広島に向かわれ、同日午後5時10分広島での御宿泊所となっていた偕行社に到着された。
by hirosan_kimura | 2016-03-07 14:48 | 出来事事件 | Comments(0)
e0125014_13374599.jpg 平成20年12月13日に第一回目を投稿し今回で740回目となった。当初は原稿材料もたくさんあったが、回を重ねるごとにネタも無くなり750回を最終目標に何とか頑張ることとした。

 ブログを始めたきっかけは、退職した翌年に近所の高齢者の方より、西小学校の子どもたちに阿品の昔の話をしてもらえないかと持ちかけられたのが最初である。

 子どもたちに話をしたり公民館で歴史の講座を受講するなかで、せっかくなら阿品のことをもう少し調べてみよう、調べた資料を何とか残そうと始めたのがこのブログである。

 そうこうしている内にどこをどう廻ったのか分からないが、鰆浜の高齢者向けのサロンのお世話をしている方から話をしてもらいたいとの依頼があった。最初は人前で話すのは苦手だ、遊び半分で昔のことを調べているだけで人前ではなせるようなものではないと断わっていた。

 そのうち何回もお願いされるし、生れ育った地域でもあり、サロンの代表者の方にはこれまで色々お世話にもなったここと等もあり、平成22年2月10日に集会所で話をさせていただいた。

 拙い話にも関わらず結構好評で喜んでいただいたのが印象に残っている。最初は小さなパネルで写真や絵図等の説明を行っていたが、その後プロジェクターを購入し大きな画面を映すと説明もし易いし、見ていただく方も見えやすいと好評であった。

 ある時、パソコンをプロジェクターに接続し準備していたがいくらいじっても画面が表示されず、開始時間は迫って来るしあわてまくったことがことがある。結局うまく接続できず世話役の方よりはは画像無しの話だけで良いと言われたこともあった。幸い今日映像で映す予定の画像をパネル化したものでお茶を濁したが、肝を潰す思いもあった。

 最近はほとんど声が掛かることも無いが、その後あちこちのサロンなどで話をさせてもらった。中には一箇所のサロンから何回も声を掛けられたこともある。限られた地域の中でのこと何回も話すことが無いと断わっても「お年寄りは少し前に聞いたことでも忘れているので、前回と全く同じ話で良い」と言われてもそうも行かないのでその都度話す内容を工夫したこともある。

 小学校では平成18年から3年生・4年生を対象に話をしたが、昨年の1月を最後に話には行っていない。この間何人の子どもに話をしたかは分からないが、この間話をする場所は地域の集会所であったり、数名の子どもが自宅に来たり、ある時は公民館でおこなったり、最近では小学校で話をするなど場所がコロコロ変わっていったが何故なのだろう。

 平成22年の11月に我が家で行った課外授業の参加者の一人S君とはその後偶然話すきっかけがあった。現在でも犬の散歩の際登校中などに良く出会う。挨拶を交わす程度であるが4月より高校生。会う機会もなくなるのであろうが寂しい思いがする。

 ブログのお陰で思わぬ体験やたくさん人を知ることが出来た。
e0125014_133329.jpg

 前々回に「動かない県病院跡地利用」を紹介した。今朝犬の散歩で通り掛かると少年たちが野球の練習をしていた。
by hirosan_kimura | 2016-03-05 14:59 | その他 | Comments(2)