素人が調べたもので誤りも多々在ろうかと思いますが、気のついた点はご指摘を頂き、古い資料や写真等があればご一報いただければ幸いです。


by hirosan_kimura

<   2016年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

e0125014_11112746.jpg

文化3年(1806年)3月28日 朝曇天。
 六ッ後 一番東河、尾形、小坂、吉平、半六、宮嶋より乗船二里余佐伯郡大野村丸石岬より初、同村と地ノ御前界迄測。それより地ノ御前村厳嶋ノ外宮鳥井迄測、七ッ半後に地御前村へ着。

 二番坂部、稲生、門倉、角二、芸防の国界大竹村より初、夕見村、小方波田村、黒川村、玖波村、大野村丸石岬迄測。(丸子嶋遠測)一番と合流。七ッ半頃に地御前村へ着。

 三番高橋、永沢、惣兵衛、甲嶋村(芸州、即佐伯郡小方波田村持、防州岩国持。猪子嶋(芸州佐伯郡小方波田村持)。両嶋一周を測。夜に入て地御前村へ着。

 四番下川辺、平山、佐藤、丈助、栄二、阿多田嶋(佐伯郡小方村波田村持)を測る。夜に入て地御前村へ着。

 泊宿本陣庄屋茂右衛門。外宿、百姓出来蔵。此夜広嶋大船頭境要蔵、同船手役加藤惣右衛門、桑原五内(是は病気不参也)見舞に出る。佐伯郡支配下役宮原直右衛門暇乞に出る。

 今日三番手甲嶋測量出役防州岩国村田儀兵衛(大庄屋なり)。同手付仁左衛門、三右衛門、同筆者甚右衛門、刀称弥右衛門、同太郎兵衛門出るよし。此夜大曇不測。二番三番四番四ッ後乗船。各測量地へ行。

同二十九日 朝曇少晴。
 六ツ半頃一番東河、下河辺、稲生、佐藤、吉平、地御前村出立。外宮鳥井脇より初、宮内村、平良村、二十日駅(西国街道駅次)、坂田村、五日市村、皆賀村、井口村界迄測。
以下省略
e0125014_102412.jpg 地御前の宿泊に「外宿 百姓 出来蔵」とある。
 地御前の庄屋に文政5年(1822年)~天保4年(1833年)出来蔵とある。恐らく伊能一行が宿泊した百姓出来蔵と、後の庄屋出来蔵は同一人物と思われる。
by hirosan_kimura | 2016-02-26 10:12 | 地図 | Comments(0)
e0125014_13583874.jpg
このブログ№711で「やっと動き出した県病院跡地」掲載した。昭和47年に閉鎖され43年間放置されていた県病院跡地の売却入札が昨年7月22日に行われたというものである。

 その後、跡地利用がいつ動き出すのだろうと付近を通り掛る度に注目していたが、動きは全然見られなかった。ところが先日この地にトラックが止まり資材らしきものを降ろしていたので、やっと何かの工事が始まったかと思っていた。

 地元の人に「やっと県病院跡地が動き出したが、マンションか戸建の住宅が建つのだろうか」と聞いてみると、少年野球の練習場が設置されるとのことである。そういえば現地には移動式のバックネット・閉鎖されたボーリング場から外してきたような椅子・簡易倉庫・簡易トイレなどである。不動産会社がこの土地を入札したが、国道に繋がる道路の道幅が狭く工事車両の離合も困難で、止むなく少年野球の練習場に貸与するとのことである。

 利用価値の無い土地を多額の経費で購入することは考えられないので、何らかの形で道路問題が解決する勝算の見込みがあり一時的に少年野球チームに貸与するものであろう。
e0125014_1359638.jpg
 国道から県病院跡地への進入路は四本の細い道路がある。

e0125014_141984.jpg ①は国道から県病院に入る正規の道路であったが普通車の離合も難しいくらいで、途中直角に近いくらいカーブしており工事用車両の通行など不可能に近いくらいである。

 
 ②の道路はは一見広そうであるが川の上をコンクリートで蓋架けした道路で余り重い車両の通行は困難である。国道との間に段差があり、おまけに横断陸橋の橋脚が立ちふさがっている。

 かつて県病院の正門は①と②が突き当たった地点であった。

e0125014_1415452.jpg ③の道路も他の道路と大差なく狭い道路である。県病院時代この道路も病院の出入りに使用され「県病院入口」の看板が国道脇に接されている。④の道路は他の道路よりさらに狭く工事用車両の出入りは不可能である。






e0125014_1421750.jpg 県病院跡地から国道までの距離はほんのわずかであるが、いずれも道幅が狭く工事用車両の通行は困難である。病院廃止後この用地には様々な計画が立てられては立ち消えて行った。いずれの計画も前に進まなかったのは道路問題が立ちはだかっていたからである。

 道路が狭ければ既存家屋を移動し道幅を広げればよく、③の道路の拡幅は空地と公園を一部削れば容易に可能である。しかしこの付近の国道の上り車線は見通しの悪いカーブを曲がりきった直線部分で事故の多発地帯である。少し前にも死亡事故も起きたばかりである。道路の改良にはこの問題の解決も必須である。

 鰆浜部落でも高齢者が増え、県病院跡地に沢山の住宅が立てられ子どもたちの歓声が絶えない町にと大きく期待されている。一日も早く道路問題が解決し建設の槌音の響く日の来ることが待ち望まれる。

 
by hirosan_kimura | 2016-02-21 15:35 | 鰆浜 | Comments(0)
e0125014_1143426.jpg
e0125014_11441267.jpg
  №705で皇太后の厳島御参詣を紹介した。この記事では阿品の「お上がり場」に何時に到着され何時に出発されたのか、厳島から「お上がり場」への到着時間等は何時であったのかは紹介していない。色々調べてみるともう少し詳しい時間が判明したが、これはあくまでも事前に計画された予定時間で実際の時間は不明である。ちなみに昭憲皇太后は、今の天皇の曽祖父の御妃である。

明治28年4月12日
午前八時 御出門  
八時四十分 草津御着 小泉甚右衛門邸  御小休 
八時五十五分 同所御発

十時廿五分 阿品御着 御小休 御野立  十時四十分 同所御発船
十一時十分 厳島港御着船  

直に御馬車御乗厳島神社回廊入口にて御下車御通覧
正午十二時 紅葉館御着  御昼休所 岩村平助邸  
午後一時 同所御発御馬車
神社入り口にて御下車回廊通再び御馬車御乗大元神社へ成らせ
それより千畳閣御巡覧
午後三時 厳島御発船

午後三時三十分 阿品御着 御小休 御野立  三時四十五分 同所発
午後五時十五分 草津御着 御小休 御野立  五時三十分 同所御発
午後六時十分 還御

 お上がり場に到着後は「小休み」「野立て」とあるが発船までたった十五分しかない。この間にトイレにも行かれたであろうし、「野立て」など優雅な時間も無く慌ただしいものであっただろう。

 行き帰り合わせて三十分程度の滞在であるが、皇后陛下がお茶を飲まれるための休憩所・トイレ等は仮設のものとはいえ大掛かりな準備が何日も前から行われたのであろう。

 阿品の人々は仮設の施設が準備される様子や、皇后陛下の姿を遠くから拝見したり、さぞ大騒ぎの出来ごとではなかっただろうか。

 上記は予定時間で実際の時間は不明であるが、広島を出発された時間、厳島の「岩惣」到着十二時は予定通りとなっている。ただ帰りの「お上がり場」到着時間は予定では三時三十分となっているが、実際の到着時間は五時十五分と一時間四十五分も遅くなっている。

 従って御座所への帰還時間が六時十分の予定が、六時五十分と四十分おそくなっている。天皇や皇后の行幸計画はでは分単位・秒単位の計画が立てられると聞いたが、四十分も計画を外れているのは皇后が厳島を気に入り予定時間を超えるほど見物されたのか、なにかアクシデントでもあったのであろうか。
by hirosan_kimura | 2016-02-13 14:32 | 出来事事件 | Comments(0)

№736 阿品あれこれ

e0125014_11203162.jpg

 JR阿品駅は平成元年に開業し26年経過した。ホームの屋根は橋上駅舎の下部分しか無く、8両編成で有れば屋根の有る部分は極一部で、大半は屋根の無いホームで列車を待つこととなる。

 阿品駅のすぐ隣の「宮内串戸駅」は阿品駅より一年早く開業している。この駅も当初はホームの屋根は極一部しかなかった。乗降客よりは開業後間もなくホーム屋根延長の要望が出され、早いうちにホーム上に屋根の延長工事がされている。

 このたび阿品駅でもやっとホーム上の屋根の延長工事が始まった。阿品駅より一年早いだけの宮内串戸駅にはとっくの昔に屋根が延長され、阿品駅ではやっと工事が開始された年数の差は乗降客数の差によるものであろう。宮内串戸駅は阿品の二倍の乗降客数であるらしい。

 屋根の延長工事は乗降客への安全配慮が一番なのであろう。線路敷の法面と並行して走る狭い市道を半分交通止めにして工事用の敷地を確保して進められている。

 長年不自由を余儀なくされた乗降客も、三月の終りには雨の日も安心して列車を待つこととなる。

e0125014_11215921.jpg

 阿品市民センターは昭和56年3月に開館して早いもので35年になる。少し前までは公民館の名称であったが今では市民センターと称している。我々には市民センターと呼称するより公民館の方が親しみがある。以前は特別用事がなくてもふらっと寄って職員と世間話などをするのが日常茶飯事であったが、今ではそのようなこともなく久しく公民館に行っていない。

 建設当時は三階建の建物にエレベーターという発想もなかったが、高齢化が進んだりバリアフリーの信念も浸透し、やっと阿品市民センターにもエレベーターの設置が進んでいる。
e0125014_11223071.jpg この工事は平成27年6月19日に着工され翌3月25日完成と工期が長すぎる気もするが、エレベーターの新設にあたり既存のトイレやその他の改修も必要とするのだろうが、内部でどのような工事がされているのか外からはうかがい知れない。

 いずれにしてもエレベーターの完成後は、高齢者に限らず全ての人たちに使いやすい施設になるであろう。

e0125014_11231352.jpg
 昨年より田圃を埋めて宅地が造成されていたJR駅裏の宅地に早くも住宅の建設が始まっている。十数画の宅地に一斉に建築が始まっている。仮設トイレが数棟設置されているのが目立つが、素人考えではこれほど仮設トイレを設置しなくても一棟あれば十分な気もする。建築業者が異なれば一棟の仮設トイレを共同で使用できないのであろう。
e0125014_11233669.jpg
 この現場の川を挟んだ反対側も田圃を埋め立てて数棟分の宅地が造成されている。ここでも早くも住宅の建設が始まっているが、その中の一棟では地鎮祭のため紅白の垂幕が張られている。

 少し前までは家を新築する際は必ず地鎮祭を執り行い、神主さんに清め払ってもらうのが当たり前であった。建売住宅で地鎮祭が行われないのは仕方ないにしても、注文住宅でも地鎮祭を行わないのが当たり前になってしまった。

 他の地域では高齢化が進み子どもの数が減り、小学校の統廃合も珍しくない。新築された住宅は比較的若い人の居住者が多く、子どもも増えて幸いなことである。
by hirosan_kimura | 2016-02-10 13:06 | Comments(0)