素人が調べたもので誤りも多々在ろうかと思いますが、気のついた点はご指摘を頂き、古い資料や写真等があればご一報いただければ幸いです。


by hirosan_kimura

<   2010年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

e0125014_10423053.jpg
にーな
新しい  にーな家は 気持ちがえーのー

にえくさし
半なま  この魚は にえくさしじゃのー

にお
背負い篭の紐

にがる
痛い  腹がにがる

にぎやかし
にぎわい  枯れ木も 山の にぎやかしじゃー

にごめ
野菜のごった煮

にっぺー
二本指で叩く  負けたら にっぺーよ

にゃー
には  こりゃー 大事じゃけー 人にゃーやれん

にわる
どなる  隣のお祖父さんは よーにわるのー

ぬかす
言う  あんまり えらそーなことを ぬかすな

ぬかす
追い抜く  とーとー 二番が一番を ぬかすよ

ぬくい
暖かい  こたつに入ったら ぬくいねー

ぬくめし
温かいご飯  今日は ぬくめしは 無いんねー

ぬけとる
頭が弱い  あの人は ぬけとるねー

ぬべる
伸ばす  背中を ぬべる

ぬべる
敷く  布団を ぬべる

ねあがり
意味不明

ねがたらん
寝たらない  ねがたらんけー たいぎーのー

ねぐ
混ぜ合わす  泥を ねぐ

ねくじ
寝つきが悪い?

ねこ
猫車

ねじすわる
座り込む

ねずーせず
寝ないで

ねずーに
同上

ねせ
性格  あんなー ねせが 悪いのー

ねだ
?  ねだを掘る

ねたがう
寝ちがう

ねだる
駄々をこねる

ねだれる
困らせる

ねと
足元・根元  松のねとに まったけが生える
by hirosan_kimura | 2010-02-28 10:43 | 方言 | Comments(0)
e0125014_9462596.jpg
なった
された  あの人は とうとう行きなった

なったん
ですか  ありゃー どー なったんかいのー

なったん
実る  今年ゃー よー 柿がなったんでー

なっちゃーおらん
なっていない  お前の仕事は なっちゃーおらんのー

なっちょらん
なっていない  お前のするこたー なっちょらんのー

なっちゃんたん
なられたのですか  あんたー とーとー はたちになっちゃんたんねー

なにゅー
何を  なにゅー 探しよるんねー

なば
きのこ

なら
ですか  お前やー どこへ 行きよるんなら

なる
される  あの人は よー人を 見なるのー

なるてん
なんてん

なれ
しなさい  こりゃー 安いけー 買いなれやー

なんかー
なのですか  こりゃー 本物なんかー

なんかー
などは  あんたなんかー 相手にせんよー

なんじゃー
何ですか  聞きたいことは なんじゃー

なんちゅー
なんと言う  あんたのすることは なんちゅーことかいのー

なんちゅーても
なんといっても  なんちゅーても ぜにゃー大事よー

なんな
しない  はずかしーけー あんまり 見なんなやー

なんないと
何でも  欲しい物がありゃー なんないと 持って帰りんさい

なんなら
だったら  あんたの変わりに なんなら わしがしたぎょーかー

なんへー
しなさい  雨が降るけー 傘を持って 行きなんへー
by hirosan_kimura | 2010-02-27 09:46 | 方言 | Comments(0)
e0125014_9421525.jpg
とんがらし
唐辛子(とうがらし)

とんがらす 
とがらせる  鉛筆は よーとんがらすんよ

とんがる
とがる  竹を削る時は 先がとんがるようにするんよ

とんがる
いらつく・腹を立てる  あんたー チョットのことで よーとんがるのー

とんぎる
とがっている  ナイフが えーけー チョット削っても よーとんぎるのー

とんする
子どもが転ぶ  とんするけー 走らんのよー

どんばら
大きな腹  よけー食うたけー どんばらになった

どんびき
かえる  このどんびきは 大けーのー


様子  ひまな たいくつな


してはいけない  わしゅー 馬鹿にするな

なー
無い  二人で食びょー思ーたのに 一個しかなー

ないとうのせっくばたらき
普段は怠けて、人の動かない時に限り 働く人

ないとーもん
なまけもの  うちの ないとーもんにも 困ったもんじゃ

ないや
しなさい  遅ーなるけー 早よー 帰りないやー

なおす
片付ける  お客さん来てじゃけー 早よー なおしんさいやー

なかよー
仲良く  友達たー なかよーするんよ

なかるまー
無いでしょう  一個しか なかるまー

なして
何故  なして わしばっかり はねにするんねー

なすぐる
押付ける  自分の責任を 人に なすぐるんじゃーないよ

なすぐる
塗りつける  手の汚れを 服でなすぐるんは 辞めんさい

なぜあげ
遠浅
by hirosan_kimura | 2010-02-26 09:42 | 方言 | Comments(0)
e0125014_629351.jpg
どしゃーげる
ぶっつかる  ゆっくり行かんと 壁にどしゃーげるでー

どっから
どこから  あんたー どっから 来たんのー

とった
していた  皆に 好かれとったんよー

とってん
しているのですか  あんたー 何ゅー しとってんねー

とっぴん
ひょうたん型の壜に入った飲物

どどくり
言葉が詰まる人  あの人は どどくりじゃけー 何ゅー言いよるんか 分らん

とどる
たまる  借金の返済が とどる

どどをくる
言葉が詰まる  

どないな
どんなですか  病気の具合は どないなんかのー

どひょーし
とんでもない  どひょーしもないことを したらいけんよ

どびんご
鳥の雛(ひな)

どふ・どぶ
魚などのはらわた

どぶろ
「どくろ」のなまり

どべ
びり  運動会で走るが あんたはいつも どべじゃねー

どべくそ
同上

どべた
すごく下手  あんたー 何ゅーさしても どべたじゃねー

どべた
土の上  どべたへ座ると ズボンがよごれるよー

とめげる
意味不明

とらん
していない  わしゃー 悪いことは しとらんよー

とりや
獲る人

とる
いる  木に柿が なっとる

どる
でいる  海に船が 沈んどる

どろおとし
田植が済んでの休養
by hirosan_kimura | 2010-02-25 06:29 | 方言 | Comments(0)
e0125014_7301560.jpg
どー
ですよ  今日は えーてんきどー

とーがき
いちじく(唐柿 とうがき)

とーきび
とうもろこし(唐黍 とうきび)

とーす
籾を摺る道具

とーた
届いた  棚の上に やっと とーた

とーた
聞いた  あっこっち とーたが 分からんかった

とーな
ような  こんとーな 話は 聞いたことがない

どーないと
どうにでも  わしの言うことを 聞かんのなら どーないとしんさい

とーなす
カボチャ(唐茄子 とうなす)

どーの
いかがですか  病気の具合は どーの

とーみ
唐蓑(とうみ)

とーゆー
遠く  隣村へ 行ったが とーゆー感じた

どがーな
どのような  今度来る先生は どーがーな 人かねー

どがーに
どのように  どがーにしたら そんとうに えーがいに出来るんねー

どがーこがーも
話しにならない  あんたの言うこたー どがーもこがーもならん

どがいな
どのような

どかす
動かす・除く  机をどかすけー ちょっと 手伝おーてーやー

どがへが
でこぼこ  あんたの塗った 壁は どがへがじゃのー

どかん
動かない  意地でも こっから どかんでー

とぎ
友達  あんたの とぎは ろくなもんがおらんのー

どきゃーがれ
動きなさい  そこへおったら 邪魔じゃけー どきゃーがれ

とく
しておく  先に行っとくけー 早よー来んさいよ

どくろ
四人で棒を回転させ 網を巻き上げる装置

とけ
しなさい  後から行くけー 先に行っとけやー

どけ
動け  そこおったら 邪魔じゃけー どけやー

どけー
同上


強調語  どけち どすけべー

とこ
ほど  一貫目とこ 貰ーとこーかー

どこー
動きましゃおう  ここは邪魔じゃけー どこーやー

どこないと
どこにでも  言うことを 聞かんのなら どこないと 行ってしまえ

ところもん
地の人 あの人は ところもんじゃけー よー知っとてじゃねー
by hirosan_kimura | 2010-02-24 07:30 | 方言 | Comments(0)
e0125014_538677.jpg
てにおえん
どうしようもない  うちの悪がきは てにおえんで 困るんじゃー

てにゃーあわん
どうにもならない  うちの馬鹿息子は てにゃーあわんでー

てねる
束ねる  束をてねる時ゃー 固とーに 結ぶんでー

でび
額が出ている

てびしゃーげる
強く叩きのめす  かばちゅーたりゃーがったら てびしゃーげるどー

てべす
叩く  悪いことをしたら てべすどー

てれーぐれー
なんとかかんとか  毎日、てれーぐれー 日を過ごしよるんよ

てわるさ  
いたずら  次から次へ よーてわるさをするのー

てわるさ
チョットした作業  てわるさに こんとーなもんを 作ったんよ

てんからぼし
日にあたる  てんからぼしに ならんよーに 帽子をかぶりんさい

てんぐるま
肩車  子どもが てんぐるまを せー言うんよ

でんでんご
やどかり

でんでんごー
同上

てんば
堤防・波止場

てんまり
手毬(てまり)

てんまる
同上
by hirosan_kimura | 2010-02-23 05:38 | 方言 | Comments(0)
e0125014_9423556.jpg
づんごむ
前に倒れこむ  よそ見して 歩きよったら 溝にづんごむでー

つんだる
積んである  米俵が 山のように つんだる

つんどる
閉まっている  早よー行かにゃー 店がつんどるでー

つんどる
詰まっている  こりゃー 中味が よーつんどるのー

てー
する  暗ろーなるけー 家に帰ろーて

てー
ですね  今日は えー天気ですてー

てー
やっつける  かばちゅーたりゃーがったら てーだろーかー

でー
ですよ  あいつは いなげな奴でー

てーさい
体裁(ていさい)  てーさいの悪いこたー せんのよー

でおーた
出合った  学校に行きよったら 友達にでおーた

てき
餅を焼く網

てぎ
大八車を引っ張る横棒

てきめん
ものすごく  あんたの言うこたー てきめんに 当るのー

できもん
できもの  顔にできもんが できた

てぎゃーげる
たたきのめす  かばちゅーたりゃーがったら てぎゃーげるどー

でけん
出来ない  そんとーなことは でけん

てご
やっつける  文句を言うと てぐどー

てご
手助け  見とらんと てごをせーやー

でこ
人形

てしょー
小皿

でとらん
出ていない  稲の穂は でとらんかいのー
by hirosan_kimura | 2010-02-22 09:43 | 方言 | Comments(0)
e0125014_6203087.jpg
つぁん
さん  おとっつぁん

づえる
崩れる  大雨で 山がづえる

つかーさい
してください  二度と悪いことをせんけー 許してつかーさい  


つかーさい
貰う  それをわしに つかーさい

つかい
してください  今忙しいけー ちょっと待ってつかいやー


つかい
貰う  それを わしにつかいやー

つきあみ
手で押す三角形の 魚などを獲る網

づく
まま  出来んづく  やらんづく

つくね
人に逆らう  こんなー いついき つくねじゃのー

つくねる
整理せづ押し込む  洗濯物を つくねるんじゃーないよ

つくばえる
じゃれる  子猫同士が つくばえる

ったれ
者  がきったれ はなったれ

つち
強調語  おどりゃー かばちゅーたりゃーがったら つちにやすどー

つっぺ
おあいこ  じゃんけんしたら つっぺになってしもーた

つっぺー
同上

つづめ
まとまり  この話し合いは なんぼーしても つづめがつかんのー

つどう
重なる  結婚式と 葬式が つどうてしもーた

つとーて
伝って  この道に つとーて行きんさい

っとる
している  今日の新聞に のっとるよ

つなぐ
集める  今日は 町内会費を つなぐ日じゃー

つばえる
ふざける  家の中で つばえるのは 止めんさいやー

つむ
閉まる  早よー行かにゃー 店がつむよ

づやす
崩す  土を づやすけー 運んでやー

つらー
しておけば  忘れんように 書いつらー えーよー

つりょーて
つれだって  あしたの祭りにゃー つりょーて行こうね

つろーて
同上
by hirosan_kimura | 2010-02-21 06:21 | 方言 | Comments(0)
e0125014_549790.jpg
ちーとんなか
少しの間  ちーとんなか 待っとんてちょーだいやー

ぢげ
その土地  あの人は ぢげの人じゃけー よー知ってんよー

ちゃー
ては  あれのすることは 見ちゃー おれんのー

ちゃい
しなさい  ちょっと 来てみんちゃい

ちゃちらかす
さばく  部屋を ちゃちらかすんじゃーないよ

ちゃった
した  花子さんが きちゃったよ

ちゃる
してあげる  あんたがよーせんのなら わしがしちゃるよー

ちゃんがら
がらくた  よーも ちゃんがらばっかり 集めたのー

ちゅうても
そうは言っても  あんたが 何んを ちゅーてもだめよー

ちゅーに
全く  あんたの言うことは ちゅーに話しにならん

ちゅーもんは
と言う者は  子どもちゅーもんは 言うことを聞かんのー

ちょーぎ
どうしようも  言うことを聞かんけー ちょーぎにならんのー

ちょーず
便所(ちょうず)

ちょーな・ちょーの
手斧(ちょうな)

ちょっくし
少し  あんたの頭は ちょっくし おかしーんじゃーないん

ちょって
している  あの娘は 生け花をしちょってよ

ちょんがけ
独楽の紐の結び方

ちょんぎー
きりぎりす

ちょんぎーす
同上

ちょんなる
しておられる  今 おじいさんは 仕事をしちょんなるよ
by hirosan_kimura | 2010-02-20 05:49 | 方言 | Comments(0)
e0125014_1124032.jpg
たたん
過ぎない  あんまり ひにちもたたんのに 忘れてしもーた

だち
間がない  この魚は 釣りだちじゃけー 新鮮よ

だち
はかどらない  あんたー 何ゅーさしても だちがあかんのー

たちゃー
たちは  子どもだちゃー 早よー寝んさいやー

たちらー
同上

たとむ
たたむ  布団は 丁寧にたとむんでー

たねる
訪ねる  昼からー あんたかたをたねるけーのー

たねる
聞く  ちょっとたねるんじゃが あれかたー どこかいのー

たばこ
一休み  くたびれたけー チョットたばこをしよーやー

たぶそ
意味不明

だや
小屋  チョットだやの 牛を見て来てーやー

たる
してあげる  おごったるけー わしの言うこと 聞っきんさいやー

だる
垂れる  小屋の軒先が だるんよー

だるい
三角の網で押して魚をとるもの

たれ
者  かばちたれ あほたれ

たれる
言う  かばちゅーたれる閑があったら 働きんさいやー

たれる
漏らす  寝小便をたれるけー 布団が濡れてしもーた

たわらもに
俵でできた祭の神輿

たわん
届かない  高いけー たわんのよー

たん
ですか  見たん 行ったん

たんこぶ
かたまり  紐の結び目が たんこぶになって ほどけんのよー

たんと
ですよ  お金が無いように なったんと

たんねる
訪問する  昼から あんたかたへ たんねるけーねー

たんの
ですか  見たんの 行ったんの
by hirosan_kimura | 2010-02-19 11:03 | 方言 | Comments(0)