素人が調べたもので誤りも多々在ろうかと思いますが、気のついた点はご指摘を頂き、古い資料や写真等があればご一報いただければ幸いです。


by hirosan_kimura

<   2009年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

№78 厳島合戦(1)

e0125014_17293220.jpg 弘治元年(1555年)の八月二十一日に陶晴賢が厳島に進駐後、毛利元就は二十三日に鰆浜の火立岩附近を巡視し、二十四日に吉田勢が草津に勢揃いした後、二十八日には火立岩上の灰床山に再移動した。

 軍勢は地御前神社の北側谷あい、もしくは田屋浦に隠されていたものと推察される。この日に待ちに待った、応援の村上水軍三百艘が駆けつけた。

 二十九日朝までに軍の方略を協議した。攻勢部署は
①毛利軍は海山を越えて、厳島神社裏の陶軍の背後に向かう。
②小早川軍は船で陸岸沿いに大野水道に出で、途中で反転して神社前で 陶軍船団に割込み、陶軍本部の 前面に向かい攻撃する。
③村上水軍は大野水道を越え陶軍の退路を断つ。

 行動は二十九日の夜陰に開始し、戦闘開始は十月一日の日の出と同時にすることと決まった。

 九月晦日、元就はそれまでの本陣のあった火立山から、田尻の運勝の鼻海岸線に全軍を移し、七ツ時(午後四時頃)に夕食を採り、酉の刻(午後六時頃)全軍に出陣するよう命じた。

 この日元就は、朝から毛利氏直属の水軍である河ノ内警固衆を呼んで、厳島渡航の密命を伝え廻船の用意をさせた。船一艘に水夫三人宛、一艘五十人乗りとして四千人を運ぶ八十艘の廻船が必要であった。

 船は近年諸所の廻船を切り捕ったものがあり間に合ったが水夫が足りず、飯田越中守が浦々島々に早舟を出し駆り集めた。

 佐西郡では山あがりしている者まで、駆出されたと云われる。
by hirosan_kimura | 2009-02-28 04:16 | 出来事事件 | Comments(0)

№77 ふじタウン

e0125014_11471218.jpg

昭和49年6月1日
 ふじタウンの宅地造成工事が着手される。

昭和52年2月28日
 宅地造成工事が完了する。総面積 31万3千㎡。内宅地 14万7千㎡ 570区画。道路等その他 16万6千㎡。

昭和57年4月1日
 第Ⅱ期工事が完成し、総区画数 664区画となる。

昭和60年4月1日
 団地内に「ふじ幼稚園」が開園する。開園時の園児数は10名であったが、その後最大350名の園児が在園したこともあった。

昭和62年9月1日
 団地内に「阿品土屋病院」が開院する。病床数 219床。診療科目は内科・外科・整形外科・放射線科・リハビリテーション科で、人口透析も行われる。

平成7年2月1日
 「廿日市市高齢者ケアセンター」が竣工する。特別養護老人ホーム・ケアハウス・デイサービスセンター・在宅介護支援センター・老人訪問看護ステーション・保健福祉研修センター・医師会事務局等が併設される。

平成9年4月1日
 「老人保健施設 シェスタ」が開設する。

平成15年10月1日
 「有料老人ホーム ヴィラみずほ」が開設される。

平成17年4月22日
 高齢者ケアセンター内に、廿日市市内初の「障害児ディサービスセンター」の事業が開始される。
by hirosan_kimura | 2009-02-27 06:19 | 四丁目 | Comments(0)
e0125014_11391384.jpg

 阿品台ニュウタウンは広島県が造成した団地で、この団地により廿日市の人口が大幅に急増した。しかし、入居開始後30年以上経過し、入居当初は働き盛りの人達も高齢者となり、当時は小さかった子ども達も都会へ転出し、今ではどこにも負けないくらいの高齢者の街となっている。

昭和46年10月16日
 廿日市地区住宅造成事業(開発面積約136万㎡)の地元説明が、鰆浜・阿品住民を対象に開催される。午後7時30分から旧阿品公民館。

昭和46年12月13日
 翌年2月末日までの計画で、廿日市地区住宅団地造成のための、現地境界杭打・測量が着手される。

昭和49年7月
 「阿品台」の造成工事が着手される。全体面積 137㌶。住宅戸数 3,500戸。計画人口 12,600人。

昭和53年8月10日
 県営住宅158戸の入居が開始される。同日、団地内の路線バスが運行を開始される。

昭和54年4月1日
 「廿日市町立阿品台東小学校」が開校する。「私立つくし幼稚園」が開園する。

昭和55年8月1日
 「阿品公園」75,166㎡が完成する。

昭和56年4月1日
 「廿日市町立阿品台中学校」が開校する。

昭和57年4月1日
 「廿日市町立阿品台東保育園」が開園する。
 阿品台~大野町青葉台間の山が掘削され、道路が貫通する。

昭和58年4月1日
 「広島県立廿日市西高等学校」が開校する。「阿品台公民館」が開館する。

昭和58年6月12日
 「阿品台地区コミュニティを進める会」が発足する。

昭和58年12月1日
 阿品台に消防団が新しく編成される。
 
昭和59年2月
 廿日市ニュータウンの全ての工事が完了する。

昭和60年4月1日
 「廿日市町立阿品台西保育園」が開園する。

平成2年12月1日
 「廿日市消防署西分署」が整備される。

平成3年8月27日
 「阿品台地区老人クラブ連合会」が発足する。

平成12年4月1日
 「日本赤十字広島看護大学」が開校する。

少し古い統計であるが、平成18年4月1日の人口 9,556人。世帯数 3,131世帯である。
by hirosan_kimura | 2009-02-26 04:57 | 阿品台 | Comments(1)

№75 防空壕

e0125014_10252541.jpg 防空壕は第二次世界大戦中に、アメリカ軍をはじめとする連合国軍機による大規模空襲が現実となり、大都市を中心に昭和19年頃から学校の校庭、強制疎開の空き地、個人宅内などに大量に造られるようになった。

 空襲警報が鳴ると身近なところに造られた防空壕に身を隠した。しかし、資材不足のため、ほとんどが防護効果がなく、大量の焼夷弾による爆撃が行われると、地下壕で蒸し焼きになって死亡する人々が続出したと伝えられている。
e0125014_16541335.jpg 
 阿品地域でも防空壕が造られたが、都市の防空壕が地下壕が多かったのに対して、山に横穴を掘った防空壕であった。

 家の裏に山がある家ではほとんど防空壕が掘られていた。防空後は手作業で掘られ、各家により若干規模は異なるが、幅は1㍍前後・高さは大人が頭をかがめて通れる程度、奥行きは7~8mくらい、更に突き当りからTの字に横に伸ばしてある場合もあった。

 阿品では空襲警報が出て、防空壕に避難したことがあるのかは知れないが、地御前では敵機の空襲により家屋が倒壊し死者も出ている。

 戦時中は働き盛りの男子は出征し、残された女性も松根油を採取するため駆出され、家事や育児に大変だったそうである。自分が乳児の頃には、日中は安全な防空壕に寝かされていたと聞いたことがある。

 阿品にたくさんあった防空壕は、終戦後はサツマイモを保管したり、物置として活用されたこともあるが、子どもが中に入って遊んだり、危険なため大半は埋められている。

 下の写真は阿品に残っている数少ない防空壕であるが、入り口は崩れかけ這ってやっと中に入れる状態であるが、中に入ると比較的当時ままで残っているものである。
by hirosan_kimura | 2009-02-25 04:25 | 軍事 | Comments(0)
e0125014_4192013.jpg

日本赤十字社広島看護大学は、平成12年4月1日に阿品台東に開校した。看護師養成のため中・四国ブロックの拠点大学である。

 大学の設置が決定すると各地で誘致運動が行われた。小子化が進む中で四年生大学の新設は今後望めず、廿日市も早くから手を挙げたが、広島市・尾道市・大竹市等が誘致を名乗った。

 中でも大竹市は特に熱心で、市内各地に大学誘致の看板を設置する等、市を挙げて取り組んでいたが、結局廿日市市に決定した。

 広島市にある日赤病院との連携も取り易く、交通の便が良いため廿日市市に決定したのであろうが、阿品台に住んで居られた、故竹下元知事の功績も大きかった。

 建設地は阿品台の外れの阿品台中学校の隣接地、半分谷のような場所で、建設残土で埋められたような場所、果たしてこんな所に大学が建てられるのかと思ったが、大規模な土地造成の結果素晴らしい用地が確保出来た。

 敷地面積 40,909㎡、建物延床面積 20,412㎡で、看護学科585人の在学生がある。平成16年4月に大学院修士課程も新設されている。

 生徒数何千人もいる大規模校ではないが、若い学生によりまちにも活気が出たようである。また専門性を生かし、市の計画に助言頂いたり、学生による地域活動も盛んに行われている。
by hirosan_kimura | 2009-02-24 03:53 | 高大学 | Comments(0)

№73 阿品沖の海産物

e0125014_16164568.jpg鳥貝大豊漁
明治23年2月14日
芸備日日新聞より

廿日市通信
 本年は当町沖合いに多分の鳥貝漁がある趣。
 頃日も大野村以東より草津村沖合へ掛け、鳥貝を取る舟(通称 うたせ)数百艘に及べり。

 然して其代価は、十個に付一銭ニ・三厘なるよし。尤も当町などに小売をなすものは、一銭七・八厘より弐銭内外なり。

 是を見て、杞憂家は凶年の前兆なりと云ふものあり。其故を問ふに古来、鳥貝の多分猟れる年は、必ず凶年にあらざるなしと云ふにあり如何にや。

 この年は、大野村・阿品海岸沖合いから草津村沖まで、鳥貝が異常に大豊漁となった。昔から鳥貝の大発生は、必ず悪いことが起きる前兆との言い伝えがあり、これを心配する人もあると云うことである。

 はたしてこの年は、悪いことがあったのだろうか。
by hirosan_kimura | 2009-02-23 06:22 | 水産 | Comments(0)

№72 岩鏡神社(3)

e0125014_10545711.jpg岩鏡神社全壊

 昭和26年10月14日、大型のルース台風が阿品地方に来襲した。この台風は九州串木野に上陸し九州横断後、山口県防府附近に再上陸し大きな被害をもたらしたものである。

 広島県では未曾有の大雨となり、佐伯町では400mm近くも降ったと云われている。県内の死者・行方不明者は166人あり、家屋の全半壊は2000戸近く有った。

 この台風は阿品地方にも大きな被害をもたらし、山津波で「岩鏡神社」の建物は形跡も無く壊滅してしまった。(この台風はルース台風でなく昭和25年9月のキジヤ台風であったと云う人もある。)

 昭和27年の夏祭りで地域住民が集まった際、崩壊した神社の再建話が纏まった。新神社は、氏子の方より無償提供された阿品の丘の上の地に移転新築されることとなった。

 まづ一戸当り1,100円負担見当で工事に着手したが、経費が足らず一戸当り2,300円見当に修正された。

 村よりの援助や他部落・他村からの寄附等もあり、総工費十七万円、氏子奉仕延500人により、昭和28年4月1日に竣工した。

 台風で壊滅した、旧神社附近の水路延長338㍍の復旧工事は昭和29年12月中旬に着工され、昭和30年3月21日に総工費1,699,000円で完了している。

移転新築後の神社規模は
本殿 (一間社流造  桟瓦葺 間口 一間   奥行 四尺) 
幣殿 0.75坪   拝殿 10坪   境内 171.56坪

 移転新築された神社も狭隘となり、昭和57年7月に拝殿が改築された。同時に坂道であった参道は急斜面で参拝の際不自由であり、土砂の流失を防ぐ等の目的によりコンクリート階段に修築されている。

 上記写真は移転改築後の旧神社である。もう少し鮮明な写真は無いで有ろうか。
by hirosan_kimura | 2009-02-22 04:46 | 神社 | Comments(0)

№71 岩鏡神社(2)

e0125014_1715922.jpg存続の危機「岩鏡神社」

 明治4年4月に「農務方」から、各郡の割庄屋及び村庄屋・組頭あてに「小祠は本社に合併せよ」との指示がなされた。

 それによれば領内から書き出された神社は、従前の根書に書き出された数より莫大な増加となっていた。

 その多くは「淫祠神社(いかがわしいものを神として祀った社(邪教)」なので、そのまま放置しておくわけに行かなかった。このまま新政府(明治政府)へ報告することは不都合になることは見え透いているので、是非とも小祠の類は本社に合併せよとあった。

 具体的には格別由緒のある社や、従来からその所の氏神と唱えられてきた社のみを存続させ、その他はすべて合併さすこと。一村に一社を原則とし、例外でも大規模村で三社以内とするものであった。

 地御前村では氏神の大歳神社に、宮島支配の厳島神社外宮の「地御前神社」境内にある恵比須社・住吉社など七社及び、阿品の氏神「岩神社」も合祀の対象とされた。

 これに対して村では、合祀されないようの願いを提出した結果、阿品の「岩神社」と外宮境内の二社の存続が認められ、地御前村では「大歳神社」「岩神社」のニ社の氏神が存続することとなった。

 一時、大歳神社に併合される危機にあった「岩神社」も、地域住民挙げての熱心な運動により存続が認められたのである。

 現在地に移転前の旧旧神社の写真があれば良いが、誰に訊ねても無いらしい。
by hirosan_kimura | 2009-02-21 03:38 | 神社 | Comments(0)

№70  岩鏡神社(1)

e0125014_13224152.jpg

神社の名称が変わった「岩鏡神社」

 岩鏡神社は阿品の氏神であるが、本来は「岩神社・磐神社(イワガミシャ) 岩神大権現(イワガミダイゴンゲン)」が正式名称であった。

 大正7年に「佐伯郡史」が編集された際、阿品の習慣によって使われていた「鏡」と届けたため、それ以降「岩鏡神社(イワガミジンジャ)」が正式名称とされている。

 祭神は「足摩乳命(アシナヅチノミコト)」と「手摩乳命(テナヅチノミコト)」である。例祭は旧暦6月7日であるが、現在では7月第ニ日曜日に行われている。

足摩乳命と手摩乳命は夫婦で、「足名椎・手名椎」とも表されている。その娘は奇稲田姫命(クシナダヒメノミコト)と云われる。櫛名田比売命とも表記される。
 
創建当時は、ふじタウウン崖下の阿品川が大きくカーブしている場所に祀ってあったが、昭和26年10月のルース台風の被害により神社の建物は跡形も無く壊滅した。昭和28年4月12日に移転改築され、現在は阿品の奥の丘の上に祀ってある。

 残された資料も無く神社の創建は明らかでないが、崖に露出した岩(巨岩)を名付けたお宮であり、古い時代に神を祀った岩座(イワクラ)「神の御座所 いわさか」と推測される。

 祭神は阿品に住み着いた遠い祖先が、出雲より阿品の地に移したとの言い伝えもあるが推測の域を出ない。

 祭神のひとつ「足摩乳命」は出雲地方に祀られている「五穀豊穣」の神である。

旧神社の規模は明らかではないが、残された資料によると

惣周、百十八間。此坪、八百十九坪五分三厘八毛。
内五坪五分三厘八毛、正殿下。同五坪五分三厘八毛、拝殿下。
同八百八坪四分六厘二毛、山林。内境内外山林、一反ニ畝三分。
此代價四円。 無税地。険岨ニテ開墾ノ見込ミナシ。

立木 
松 六尺廻以下 百九十三本。杦(すぎ) 四尺廻以下 八本。 
樫 二尺廻以下 拾三本。楠 一尺廻以下 壱本。と記録されている。
 
 建物の規模は小さかったが、敷地は現在と比較にならないくらい広かったことが伺える。

 明治新政府は諸施策の財源とするため、境内地を除く不用官有地の売却を行ったが、岩神社も売却の対象とされ、境内外の山林一反ニ畝三分と、松・樫等215本を売却したとの記録が残されている。

 上記の写真は旧神社のあった場所であるが、河川改修等でその地形は大きく変わっている。
by hirosan_kimura | 2009-02-20 04:34 | 神社 | Comments(0)
e0125014_1364288.jpg蟲之類
はみ(蝮 まむしの古名) 
しゃかお(蛇の一種 ネズミ捕りとも云う) 
くちなわ(朽縄 腐った縄に似ていることによる。家に住み着いている大きな蛇との説もあるが、蛇の総称とも云われる。) 

ひばかり(日計 太さ指くらいでオレンジかかった褐色のおとなしい蛇。別の説では体長40~70cm、体は茶褐色で首の横に黄色の筋があり、咬まれると毒のため「その日ばかり」の命に由来するともある)

とかげ ひちぶ(ヤモリの一種。石垣等に引っ付き餌の昆虫を探している。咬まれると、7日で咬まれたところが腐って死ぬとの迷信もあるが、実際には毒は無いと云われている) けら(大きさ3cm前後のコオロギに似た昆虫) むかで

ひき(ひき蛙 がま蛙) かはず(蛙の古語) かまきり いなご いもむし 
いもり すずむし くだまき(くつわむし) せみ ほたる なめくじ ひいる 
みみず かに

重立産業
縄ない 網打ち 鰯網 海老網 手繰

農余浮儲(農業以外の仕事)
男ハ 縄ない 日雇 山挊(ロク 働くこと 山仕事) 綿打
女ハ 木綿引 木綿織のべ 磯挊(海で貝や海草を採る)

 夏になると蛍が暗闇を飛び交い、電気を消していると家の中にまで飛び込んで来ることもあったが、阿品では見かけることも珍しくなった。
by hirosan_kimura | 2009-02-19 03:13 | 産業 | Comments(0)