素人が調べたもので誤りも多々在ろうかと思いますが、気のついた点はご指摘を頂き、古い資料や写真等があればご一報いただければ幸いです。


by hirosan_kimura

カテゴリ:国道( 21 )

№497 沖島橋

e0125014_14565431.jpg

 この写真は昭和35年3月(今から52年前)に沖山橋で撮影されたものである。ブログのネタ切れに困っているのを知ったある方より提供していただいたものである。

 旧国道は電車軌道より山側にあったが、昭和5年に工事の始まった新国道はこの付近より海側に新設されることとなった。沖山橋は電車軌道と国道を立体交差させるために新設されたものである。

 今でこそ道路の立体交差は至る所で見られるが、当時としては画期的なことでこの工事は随分と難工事であったらしい。

 この写真の橋は新国道新設当時のままである。橋の奥右側に山を削った一部が小山のように残っている。小学生の頃、この小山の麓で水晶を採って良く遊んでいた。

 奥の左側は山を削った跡が崖のように残されていた。この地を利用して射撃訓練が行われていた。アスファルトのような材料で出来た小皿状のものを機械で飛ばし、それを的にして射撃訓練が行われていた。

 弾が命中するとこの小皿はバラバラになるが、たまに弾が当たらないで草むらなどに落ちていることがあったが、訓練が済んだ後にこの小皿を拾い集めるのが楽しみであった。しかし小皿を集めるだけで何かに活用する訳ではなかったような気がする。
e0125014_14571656.jpg

 この写真は撮影したアングルが少し違うが、上の写真と同一場所のものである。橋は当時のままであるが、舗装の上に舗装を重ねているので路面が少し高くなり、欄干の高さが少し低くなっている。

 周辺の背景は随分変わり、小さな小山は削られすぐ傍にマンションが建てられている。橋の左側には西広島バイパスの出口のため道路が新設されている。

 左側の崖は階段状に整地され、「光が丘」と言う小さな団地が造成されている。

 すぐ傍のの海側には沖山と呼ばれる鬱蒼と木々が繁った小山があったが、ここも削られてしまい周辺の風景は一変してしまった。
by hirosan_kimura | 2012-10-20 15:52 | 国道 | Comments(2)
e0125014_13285199.jpg

 鰆浜の国道沿いには民家が立並んでいるが、昔は道路と宅地が同じ高さだったような記憶がある。現在では見た目には高さが変わらないようであるが、良く見ると随分と道路面が高くなっている。

 これは舗装面が傷んだ際、新しく舗装し直すのに元の舗装を剥ぎ取らないでその上に新しく舗装を重ねるので、道路面は舗装をし直す都度高くなるばかりである。

 写真は道路面から平行に宅地面に線を入れてみたが、道路が宅地より随分高くなっているのが分かる。その分、歩道が傾斜し斜面となっている。

 左側の宅地は、以前道路より低く昭和30年代頃だったような記憶があるが、家屋を道路と同じ高さにかさ上げをされ土砂を入れ道路と同じ高さにされたが、今では再び道路より随分低くなっている。

e0125014_13292057.jpg この写真は国道からの分岐している道路面から国道を写したものであるが、国道が高いのが良く覗える。国道面と分軌道面の間は歩道であるが、この高低差分だけ歩道が傾斜していることとなる。

e0125014_1333164.jpg 国道の断面が見られる機会は少ないが、左の写真は「鰆浜川」に掛かる国道の橋を耐震補強工事をする際、元の地面まで掘り下げた道路の断面である。

 正確かどうかは分からないが、一番下の①の部分は昭和7年に新国道が整備された当時の部分で、舗装はされていず砂利のままでである。

 下から二層目の②は昭和11年にコンクリート舗装されたものと思われる。

 下から三層目の③は、年代は分からないがコンクリート舗装の上にアスファルト舗装がされている。

 一番上は昭和49年4月に「西広島バイパス」が鰆浜まで整備された際の舗装と思われる。

 この写真を見るだけで、当初より国道が随分かさ上げされたのが良く分かる。正確な数字は分からないが、当初と比べると1メートル近く高くなっているのではなかろうか。

 道路を新しく舗装する際、元の舗装を剥ぎ取るのは経費も手間も掛かるであろうが、道路が傷む度に舗装を重ねて行くと、道路はどこまで高くなるのであろうか。
by hirosan_kimura | 2012-05-21 05:16 | 国道 | Comments(0)

№397 阿品の旧国道

e0125014_1032490.jpg

 旧国道が整備されるまでの阿品付近の道路は、海岸沿いに人がやっと通れるような道があったに過ぎない。

 主要道路と言えば、宮内から奥に入り阿品の山の裏の鑓出しを通り大野に至る旧山陽道であった。この道は古くから使われ大名行列が通れる程度の道であった。

 明治11年4月に、廿日市以西の道を海岸沿いに整備する工事が着手された。

 明治11年9月30日、地御前村 村上伝三郎他5名より阿品沖海岸開墾願いが出された。この開墾は海の埋立により新しい田畑を開墾し、堤防を新道路用地とするためのものである。

 明治12年7月5日に「阿品浜」沖に「阿品新開」が築調され、堤防の汐止めがされている。
e0125014_102739.jpg

 同年には宮内境から大野までの旧国道が完成した。

 道幅は3間以上で、海沿いは高さ二尺余りの石積みとなっていた。この道路はその後拡張され新国道となったが、位置はJR阿品駅前付近は旧国道とほぼ同じ位置である。
by hirosan_kimura | 2011-08-06 11:07 | 国道 | Comments(0)

№389 旧国道絵図

e0125014_13214761.jpg

 何時描かれたものか分からないが、阿品周辺の旧国道を中心として作られた絵図である。

 旧国道が完成したのが明治12年、今から約132年前である。絵図にある「お上がり場」が整備されたのは明治18年である。

 大正14年に運航された「火立岩~厳島」間の航路桟橋、大正15年に延長された広電「新宮島駅」の記載がないので、明治18年~大正14年の間に描かれた絵図とも考えられる。

 この絵図に描かれていないが明治30年には広島~徳山間に山陽鉄道(今のJR)が開通しているが、意図的に描かれていないのかも分からないが、山陽鉄道開通以前に描かれた絵図なら、明治18年から明治30年の間に描かれた絵図とも推測される。

 旧国道と現在の国道が異なるのは、お上がり場上部の山を削り、火立岩左の窪みの海面の埋立、鳥山の下部と沖山の上部を削り、ほぼ直線状に整備された点であろう。もちろん道幅は約3間(約5.5㍍)から約11㍍に拡幅されている。
by hirosan_kimura | 2011-06-03 14:03 | 国道 | Comments(1)
e0125014_14215914.jpg
 
青線~近世西国街道 緑線~過渡的国道 下黒線~現在の国道二号線

 廣島県下宮島沿線井口・宮島間の観光道路中、新宮島・五日市間延長三千三百メートルは工費四十万円を以て昭和六年度内務省直営にて完成し、五日市・井口延長一千二百メートルは工費二十万円を以て完成したのであるが、同道路工事は井口にて中止されているため廣島市への交通が遮断され、非常な不便を感ぜしめていたところ、今回九年度事業として縣が工費十万円余を支出して、残りの最難工事箇所とされていた、井口・草津間約一千メートルの護岸工事によってこの観光道路の完成を遂げることゝなった。

 この道路は幅員十六メートル、舗装六メートルであるが、かゝる幅員を現在の宮島電車に沿って工作するか、地元組合の諒解を得て同海岸に埋立地を作り沖合を一直線に貫通するか未定であるが、近く決定の上、四月早々廿日市土木出張所で着工の予定である。
by hirosan_kimura | 2011-03-06 10:12 | 国道 | Comments(0)
e0125014_14384116.jpg
 

宮島対岸観光道路の第二期延長工事とも称すべき、井口ー五日市間二千二百米宊の国道改築工事が、二十三万六千円で内務省が直営施工することゝなった。

 同工事は昭和七年度新規事業として行われることになって居るも、実は前年改築した観光道路の継続事業と見て差支なかるべく、幅員も同様十一米宊で、今回の工事区間には八幡川の橋梁架設の外に軌道との交差箇所は全く除かれるので工事は頗る容易であるから、前年度中に僅かに取残されて居る、宮内阿品間のビチュマルス舗装も併せ完成せしむるとの事である。
by hirosan_kimura | 2011-03-04 10:36 | 国道 | Comments(0)
e0125014_1025658.jpg
 
内務省直営で五日市新宮島間に築設の観光道路開通式は、沿道関係八ケ町村聯合の開通祝賀協賛会主催のもとに(昭和七年)四月九日午前十一時から廿日市町旧校地広場で盛大に挙行。

 この日絶好の花日和に恵まれ、地元廿日市全町では朝来天空高く炸裂する祝賀ビラや軒提灯、花のシャンデリヤを街上高く吊るすなど、賑々しく非常な盛況振りであった。

 来賓知事代理児玉内務部長、板本工学博士其他三百名、定刻厳島神社の菊池宮司、速谷神社の山田宮司、闇係各町村の社掌総動員で型の如く式は終始し、近藤主任技師の工事報告に次で祝辞、祝電披露等ありて高橋掛長の采配により愈々通り初めに移る頃、群集数万を算して雑踏甚しき中を二十余輌の自動車は列を連ねて進む。

 沿道到る所万歳聲裡に華やかなる通利初め式も終り、次で宮島終点に於て大祝宴は開かれ舞踏場では廿日市券番芸妓総出演の舞踊ダンス手踊り等数十番あり。

 赤字に白く「祝開通」と染め抜いた小旗十万本は行き交う人々の手に手に翻り、各所の演芸場付近は身動きもならぬ盛況であった。
by hirosan_kimura | 2011-03-03 10:03 | 国道 | Comments(0)
e0125014_1534465.jpg
 内務省の失業救済事業の目的に副ふべく廣島県が、明六年度に於て四十万円の工費着手する廣島宮島間の観光道路は、愈々来る四月一日(昭和六年)から取掛ることとなり、上野土木課長は縣市各職業紹介所と打合せて既に具体的の計画成り、縣下の失業者・若し不足する時は阪神両市の職業紹介所からも雇入るゝ予定の由で、延人員十三万人に達する見込であるといふ。


厳島観光道路愈着手
 廣島県佐伯郡五日市町地御前間の、宮島観光道路改修工事に伴ふ失業者救済打合せの為め、沿道七箇町村長及び縣市両社会課長、大阪地方職業紹介所長等協議中なりしが、同工事に供給する人夫は沿道六箇町村、及び右工事に通勤し得る範囲の市町村内の失業者を採用するに決し、五月十五日を以て各地共失業者登録を開始し、五月二十五日愈工事着手の予定。


宮島観光道路竣工
 内務省が失業救済の目的で四十万円を投じ昨年五月着手した、宮島沿線観光道路五日市新宮島間の第一期工事は愈々竣工した。

 それで沿道関係九ケ町村長は廿日市町役場に集合打合せの結果、祝賀式費を分担支出することに決議し本月上旬の吉辰を卜し(註昭和7年4月)、廿日市海岸埋立地で盛大に開通祝賀式を行ふことになった。


改良箇所 自佐伯郡五日市町 至同郡地御前村
幅員   10.0m(他の資料では11㍍とある)
延長   6,577m
面積   65,610㎡


総工事費 421,140円
 内 工 費 220,729円(52.4%)
   用地費 114,359円(27.2%)
   補償費  32,098円( 7.6%)
   機械費  18,477円( 4.4%)
   雑 費   35,477円( 8.4%)


労働者使用人員(昭和6年度)
 紹介所等によるもの  90,535人
 そ   の   他    40,463人
     計        130,998人

 労   力   費   155,671円
by hirosan_kimura | 2011-03-01 16:17 | 国道 | Comments(0)
e0125014_10255282.jpg

大門から大竹迄の国道の大改修
 
 廣島県土木課では、岡山県大門から佐伯郡大竹町に至る東西貫通二号国道三十八里二十五町の大改修を行う計画をたて、明年度から三十ケ年継続事業として、これを完成さすことにしているが、総経費二千六百万円の年度割は内務省の補助年割額の確定をまって決定される筈である。

 改修は現在の二間幅内外の道路を大体四間幅に拡張。各所に横はっている急勾配を切り下げ、特に福山・尾道両市区域内は八間幅に、広島市は十三間幅に拡張の計画であるから、これに要する経費が特に巨額に上るようである。

「道路の改良 昭和2年9月号より抜粋」
by hirosan_kimura | 2011-02-25 10:42 | 国道 | Comments(0)
e0125014_16132785.jpg
 今日は梅雨が明けて初めての日曜日。雨の休日は車の数も少なかったが、久しぶりの晴れ間で朝の10時頃から込み始め、4時前になって何とか進み始めた。

 休日になると阿品三丁目付近の下り車線が込むのは、片側二車線の道路が急に一車線となり、下り車線を通過する車と宮島に観光に来る車が混在するためである。

 近辺の車や長距離トラック等は、休日にこの近辺を通過すれば渋滞は避けられないと承知で走っているのであろうが、遠くから来る観光客はこの渋滞に巻き込まれると、二度と宮島には来たくなくなるであろう。

 正月や秋の観光シーズンには、観光客の車を宮島口付近に入らせないよう、手前で学校等に臨時の駐車場を設けそちらに誘導しているが、根本的解決にはなっていない。

 下り車線を拡幅し二車線とし、通過車線と観光客用車線に分ければ一定の解決をしようが、この付近は国道がJRと広電宮島線に挟まれており、道路の拡幅は不可能と言われているのが定説らしい。

 常識的には不可能なようであるが、写真上部の右にカーブしている付近から宮島口駐車場入口付近までは、国道と広電の間には細長い空き地があり、道路の拡幅は容易で部分的には二車線くらい拡幅出来る場所もある。

 写真手前の見えない部分のすぐ近くまでは二車線である。問題はこの写真部分の拡幅であるが、右側の歩道部分を少し狭くし、中央帯を半分以下に細くし、国道と広電の間のくさの生えた部分を無くし、少しずつ削った部分で一車線くらいは生み出せないのだろうか。

 これでも一車線拡幅が不可能であれば、広電軌道を左側道路ギリギリ寄せる。JR軌道国道側の水路上を蓋をして歩道を更に削る工夫も考えられる。

 JRと建設省と広電の技術者が集まって協議すれば、一車線の拡幅は出来そうな気がするが、素人の浅はかな考えであろうか。

 阿品三丁目付近から広電宮島口駅手前付近まで二車線になれば、根本的解決には至らないまでも少しは渋滞が緩和されるのではないかと思うこの頃である。
by hirosan_kimura | 2010-07-18 16:55 | 国道 | Comments(0)