素人が調べたもので誤りも多々在ろうかと思いますが、気のついた点はご指摘を頂き、古い資料や写真等があればご一報いただければ幸いです。


by hirosan_kimura

カテゴリ:出来事事件( 12 )

e0125014_1520430.jpg

昭和9年(1934年)5月16日
中国新聞の記事

密航船か 阿品海岸に発動船
十数名夜陰に上陸

 広島県佐伯郡地御前村字阿品海岸へ、夜一隻の見馴れぬ発動機船が到着し、十数名の朝鮮人が密やかに上陸して、いずれかへ姿を消したとのことを廿日市署で探知し、密航の疑いがあるので厳探中である。

 一説には同鮮人らは、山縣郡加計町・高田郡吉田町方面へ向かったともいはれている。
(廿日市発)
by hirosan_kimura | 2009-02-12 05:02 | 出来事事件 | Comments(0)
e0125014_12113784.jpg

 明治18年(1885年)7月26日、明治天皇は北白川能久親王殿下、参議兼宮内卿伊藤博文侍従長、徳大寺実則等を従え、東京を出発され、海路山口県に向かわれた。

 7月31日に広島県に入られ、厳島の大聖院に一泊された。翌8月1日に厳島を出発され海路阿品に上陸された。陸路広島に向かわれる途中、廿日市の岩尾澤太郎・草津小泉甚右衛門宅で小休止された後、行在所の偕行社に向かわれここで三泊された。

 当日は午後一時に厳島を出発され阿品に上陸されたが、その日は御召馬車の他、付き添う文武官用の騎馬や人力車等が数多く用意された。その他一般民衆の奉迎もあり、三伏(夏の暑さが一番厳しい)の暑さといわれる八月一日の午後は、阿品始まって以来の一大行事であった。

 お上がり場は、明治天皇が上陸されるために造られた施設で、ご上陸決定するや、長さ四十二間・幅三間・高さ一丈と、長さ十二間・幅二間・高さ一丈の二箇所の桟橋が築造された。
by hirosan_kimura | 2009-01-02 12:31 | 出来事事件 | Comments(0)