素人が調べたもので誤りも多々在ろうかと思いますが、気のついた点はご指摘を頂き、古い資料や写真等があればご一報いただければ幸いです。


by hirosan_kimura

カテゴリ:租税( 1 )

e0125014_1123541.gif

 慶長6年(1601年)頃、福島氏が「阿字名村」を検地した。字は4個(鰆浜 阿品 上田尻 下田尻)で高付面積は十二町であった。

 検地は太閤検地の基準に沿って領内の総検地が実施された。村境を確定し村単位で行われ、貢租の基準となる村高を定めるために行われたものである。

 村は検地帳に記載された名請人から年貢の収取にあたり、年貢上納の義務を負った。

 太閤検地とは豊臣秀吉が行った全国的な検地で、それまでまちまちであった検地の方法や、計量の基準を全国的に一定にしたものである。

①6尺3寸(約191cm)を1間、1間四方を1歩、30歩を1畝、10畝を1反、10反を1町とした。
②田畑は1つごとに上・中・下・下々と等級を付ける。
③京枡を用いて、それぞれの等級の反当り標準収穫高(石盛)を定めた。

 寛永15年(1638年)には阿品で地詰の丈量が行われている。調査は西端の田尻から行われ、阿品の谷は沿岸部の耕地から測量し、途中から鰆浜の谷へと行われた。阿品の残り部分が丈量されたのは、鰆浜の谷全体の測量終了後であった。
 
田      尻   田  23畝  畑  0畝
阿品汐入新開   田  80畝  畑  0畝
阿      品   田 607畝  畑 68畝
鰆      浜   田 379畝  畑  1畝
by hirosan_kimura | 2009-02-06 05:25 | 租税 | Comments(0)