素人が調べたもので誤りも多々在ろうかと思いますが、気のついた点はご指摘を頂き、古い資料や写真等があればご一報いただければ幸いです。


by hirosan_kimura

№750 「ふるさと 阿品 よもやま」最終

 
e0125014_1123966.jpg
 昨晩は厳島神社の管祭があった。夕方海べりに行ってみたが、御座船を囲む船は数隻のみ。海岸で見物する人は数得るほど。往年の絢爛な頃と比較すると寂しい限りである。厳島神社の管絃祭は日本三大船神事の一つで、他は「大阪天満宮 天神祭」「松江城山稲荷神社 ホーラエンヤ」がある。

 平成20年12月13日に開始したこのブログも750回となった。当初から何回目で終了とは決めていなかったが、250回を過ぎた時点でせっかくの記事をブログに終わらすのも残念なので冊子で残すこととした。その後は500回目を目標として2冊目の冊子を作製した。

 500回を過ぎるとさすがにネタも無くなり、いつまでも内容の無い記事を重ねるのも仕方ないので750回を目標に何とか続けることとした。501~750を第三集でまとめ、第四集は何時になるか分からないが「阿品歴史年表」「阿品の地名・地図」「阿品の方言」を纏めたいと考えている。

 当初はブログを公開すれば地域の人に興味を持って閲覧してもらい、新しい情報を提供してもらったり間違いを指摘していただけることを期待したが、地域の方で開いて見る人はほとんど無いようである。

 むしろ他地域の人や阿品を離れて長年経った人たちの目に止まり、情報や貴重な意見をたくさんいただいた。またこのブログをきっかけに数か所の高齢者サロンや、小学校の3、4年生に阿品の昔の話をさせていただく機会を得ることができた。

 このブログを見る人よりいつまでも続けてほしい、新しい記事がなくても何時でも閲覧できるように残してほしいとの声を聞くがそうも行かないので、近々このブログを閉鎖したいと考えている。

 阿品のことで知りたいことがあれば早めに閲覧されたらどうであろうか。ちなみに「ふるさと 阿品 よもやま 〇〇〇〇」のように〇〇〇〇に調べたい「岩鏡神社」「火立岩」を入れるとそれらに関する記事が抽出できます。

 面白くもないブログであるがたくさんの方に閲覧いただきありがとうございました。感想やご意見があればコメントいただければ幸いです。

 上記の航空写真は終戦後間もなくアメリカ軍が撮影したものである。武田団地・阿品台・ふじタウンも造成されていず、阿品三丁目も海中の中。我々が連想する阿品はこの写真の風景そのものである。
Commented by hitoshi at 2016-07-22 08:49 x
750回の継続はすごいです。第3集、第4集の紙媒体も楽しみです。広島に帰って来られた、ISAO伯父さんに、”昔の話しができるのもhitoshiくん位になったなあ”と最晩年に言われたことが、少し寂しいながらも良い思い出です。私達の世代が、最後の、”古い日本”の世代だろうと思います。少しでも、ブログのお役に立てたことが嬉しいです。
Commented at 2016-07-22 10:08
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Fujio k at 2016-07-22 17:59 x
750号達成おめでとうございます。
Hirosanのブログを通じて、「心のふるさと地御前」に触れる事が出来、
また、Hirosanと交流出来たことは我が晩年の大きな想い出です。
残しておきたい号はすべてプリントアウトし、ソフトファイルに綴じて
保存しています。
向後、お会い出来ることがあれば阿品のことなど語り合いたいものです。

Hitoshi殿
Hirosanのブログで、60数年前の「お向かいさん」であり、K家の血族
でもある貴兄と知り合え大変嬉しく思います。
貴兄のご多幸を祈ります。
Makototoさんによろしくお伝えください。

Commented by miya at 2016-07-22 18:28 x
750回お疲れさまでした。
ナタリーの記事を探していて偶然見つけることができ、
小学校の頃の楽しかった記憶が蘇る素晴らしいブログでした。
見られなくなるのは残念ですが、維持するのも大変ですものね。
勇気を出してhirosanに会いにいってよかったです。
また、ゆっくりお話聞かせてください。
お疲れさまでした!!

本に纏まることがあれば、ぜひ手に入れたいです。
非売品っぽいですが(笑
Commented by hirosan_kimura at 2016-07-23 10:45
hi様にはたくさんの資料・写真を提供していただき有難うございました。ブログの作成に当たりずいぶん助かり感謝しています。中には阿品向きに勝手にアレンジしたものもあり済みませんでした。久し振りにI伯父さんの話題があり懐かしく思い出しました。teさんにはブログ作成の手助けやヒントをもらいありがとうございます。できるだけ早く三集の準備をします。FUさんにもお世話になりました。今度、地御前に帰られることがあれば会ってみたいですね。この30日は地御前小学校の同窓会です。清隆さん正国さんにも会います。miさんには遠方にお住まいで同じ町内会出身の方が偶然このブログを覗いていただき、不思議なご縁を感じています。ブログの冊子は分けて欲しいとの要望は多いのですが、身内用に僅かな冊数しか製本しています。今後何かの形で纏める機会があれば、お世話になった方のみにでも何とかならないかと思っています。


Commented by 阿品の住人 at 2016-07-23 14:57 x
何はともあれ、750号お疲れさまでした。
当ブログは、私ども若輩者には知りようも、調べようもない阿品に特化した多大かつ貴重な情報を提供いただきありがとうございます。
私も稚拙ながらブログを開設しておりますが、阿品の更新する際にどれだけこの情報が役立ったか判らないほどです。
また以前2年ほど前でしょうか、貴ブログにカテゴリや時系列(「以前の記事」)が検索できるように、と生意気にも提案させていただいたところ、快く(か、どうか分かりませんが)変更いただきました。
しかしながら、貴ブログ近い将来閉鎖される、とのこと。
費用的なこと、また止むを得ない事情などから閉鎖されるのであれば仕方無いことと思いますが、そうでないとするならば是非ともこのまま残せるよう再度ご検討いただければ幸いです。

お礼のつもりコメントをしようと思っていましたが、またお願いとなりましたことをご容赦くださいませ。
Commented by hirosan_kimura at 2016-07-23 21:33
コメントありがとうございます。機会あるごとに表明しましたが、このブログを開設した際公開すれば、本来の阿品の方より間違いの指摘や新しい情報をの提供を期待していましたが期待外れでした。むしろ、阿品を離れて他地域に住んでおられる方、阿品に縁のない方よりたくさんの意見や情報をいただきました。他の地区では地域で地域の歴史の冊子を出されたりしておられますが、阿品ではこのような動きも無いですね。以前いろいろご意見をいただきましたが、私はパソコンには無知で的外れな対応しかできなかったと思います。
Commented by hitoshi at 2016-07-24 13:16 x
hirosan様、この場をお借りします。

Fujio様、私も、Fujio様と改めて、やりとりできることがあるとは、想像しておりませんでした。ITのお陰さまですね。
そういう時代だったということでしょうが、K家の納屋から、お風呂の方へとか勝手に通り抜けたり、杉の木に登ったりとか
、明神さんの裏、床下、雨の日は本殿が遊び場だったりと、現在では、とてもできないことが平気でできていたころ、Fujio様とは、歳がはなれているので、一緒に遊んでもらったこたとはなかったと思いますが、今、嬉しいです。

Makotoにもよろしく伝えました。
Commented by yy at 2016-07-25 12:46 x
地域の歴史の冊子を自ら出版されてはいかがですか?
Commented by hirosan_kimura at 2016-07-26 09:56
せっかく集めた資料をこのまま埋没するのも勿体ない思いがしています。また狭い阿品のため歴史を纏められたものもありません。他地区でも出版されている郷土史のようなものが出来たらといつも思っています。個人的なブログであればある程度無責任なことも書けますが、郷土史ともなれば年代や史実等に正確さが必要です。今後、第三集の後は「阿品の地名」「阿品の歴史年表」「阿品の方言」を纏めて第四集を製本しようと準備中ですがいつになるかわかりません。その後に「阿品郷土史」とでも称して発行出来れば良いと思っていますが、果たして実現するかどうか分かりません。yyさんには色々と御助言等をいただきありがとうございました。
Commented by senbeis at 2016-07-28 22:39
御縁が有りここのブログからいろんな阿品を知る事が出来ました、ありがとうございます^^
これからの若い世代に阿品のルーツを伝えるためにもこのブログは残しておいてほしいです。
今は若い人たちも、これから阿品で数十年過ごす事でしょう、、その時、今自分が住んでいる土地の事を知りたいと思う年代に至る事でしょう、、その時聞ける人が居ないと、、何かが途絶えてしまう気がします。
是非是このブログは残しておいてほしいです、、私のような他県の者でも参考に成り安心を貰えたと思います。
Commented by hirosan_kimura at 2016-07-29 19:17
sennbeisu様には阿品の住民にでないにも関わらず、何回かコメントいただきありがとうございます。私も折角調べた阿品の資料をこのまま埋もれさせたくない思いは同じです。遠い将来にこのような記録を誰かの目に触れる機会があればと望んでいます。このブログの閉鎖を宣言したばかりですが、何とか頑張りたい気持ちがあり何とかこのままで終わらせたくない思います。
Commented by オオカワ at 2016-09-04 03:59 x
13年ほど前まで藤和阿品ハイタウンに住んでいた者です。
この春頃にこのブログを知り、たいへん懐かしい思いで読ませていただきました。閉鎖されるということでとても残念です。全文プリントアウトしておくしかないのでしょうか。 もっと早くこのブログを知りたかったなぁという気持ちでいっぱいです。お聞きしたかったのですが・・・・キムラ無線の小父さんではないでしょうか?
Commented by hirosan_kimura at 2016-09-04 09:22
コメントありがとうございます。木村無線は今では廃業していますが、私の兄です。私は今では阿品三丁目に住んでいますが、キムラ無線の場所で生まれ育ちました。このブログは近々廃止と宣言しましたがもう少し残して置き、目新しいことがあれば投稿しようと考えています。しかし今までのように定期的に投稿はしないでのんびりと続けたいと思います。
Commented by K at 2016-12-10 14:42 x
岩鏡神社について、いろいろと知ることが出来て助かりました。ここで知るまでは何が祀られているのかすらわかりませんでした
ありがとうございます
宮島の対岸である阿品についていろいろ書かれたこのブログはとても貴重な資料としてずっと残ると思います。
こういう事を調べてくださる方がおり、ありがたいです
Commented by hirosan_kimura at 2016-12-11 06:21
新しく投稿しないので開いて見る人がほとんど無くなりましたが、久し振りのコメントが入り嬉しく思います。岩神神社に関しては残された資料もほとんどなく、いわれを知る人も亡くなられています。ブログに投稿した内容も間違いもありどこまで正しいものか分かりません。その点をご承知ください。
Commented by TS at 2017-01-01 14:03 x
阿品出身で東京在住のものです。

ふるさと阿品のことを、より深く知ることができ、感謝しております。
特にカープ応援歌で知られた「宮島さん」が地御前から始まったもの、という
話は驚かされました。小学校のころ運動会で歌ってましたから、カープより前の
歴史があることは知っていたのですが、まさか地御前が元祖とは。

自分は、地御前小学校に入学し阿品台東小学校を卒業しました。
いまの東京の環境をみると、よく子供の足で阿品から地御前まで
二号線沿いを歩いて通ったものだ、と思います。途中、瓦を作る工場があり、
また誰もいない地御前神社がありました。

長きに渡る投稿、ありがとうございました。
Commented by hirosan_kimura at 2017-01-04 09:41
阿品を遠く離れた方より思いもしないコメントが入り感激しています。入学が地御前小学校、卒業が阿品台の小学校なら現在50歳前後の方でしょうか。私は入学も卒業も地御前小学校ですが登下校の途中にあった瓦製作所・神社では寄り道をしていたので懐かしく思い出します。神社周辺は当時とほとんど変わっていませんが、瓦製作所は閉鎖されて随分年月が経過しています。「ふるさと 阿品 よもやま 瓦製作所」「ふるさと 阿品 よもやま 地御前神社」で検索すると関連した記事が出ますので覗いてみてください。狭い阿品限定のため話題も限られています。阿品に住んでおられた当時の思い出の地でもあれば知らせてください。ブログのヒントにでもして現況を掲載してみたいと思います。その他阿品に関して知りたいことがあればお知らせください。
Commented by TS at 2017-01-07 09:20 x
返信ありがとうございます。
思い出の地、というわけではないのですが、阿品地区で
暮らしていた人々にとって、生活に大きな変化をもたら
したのは、阿品台ニュータウンができたこと、なかでも
学校とお店(スーパーふじおか)ができたことじゃない
でしょうか。
とにかく、それまでは歩いていける場所のお店は、
たしか「いまざき?」「あじなや?」の2つくらいしか
なく、小さなお店でしたから、ちょくちょく母は広電で
楽々園のスーパーまで買い物に出かけていた記憶があります。
駅までの道のり、電車での移動を考えると、歩いていける
場所にスーパーができたのは、とてもありがたかったろう、
と思います。
スーパーふじおかの上に「専門店街?」がオープンした日は
大変な賑わいだった記憶があります。専門店街とはいえ、
たしか、文房具店と電気屋と飲食店など数店あっただけ
でしたが。あそこに本屋ができてくれていたら、ありが
たかったのですが。
とりとめない話で失礼しました。


Commented by hirosan_kimura at 2017-01-08 09:42
サイドコメント有難うございます。「今崎商店」「阿品屋」と云う懐かしい商店名が出ましたが、私たちの世代には「広電阿品(現阿品東)」前にあった阿品で唯一の店「藤川商店」が懐かしく思い出されます。いずれの商店も今は無く住宅が建っています。静かな田舎であった阿品が大きく変わったのは阿品台の開発がきっかけでしたが、古くから阿品に住んでいる者にとっては阿品台は阿品とは別の街のような思いがあります。阿品台も高齢化が進み若者は出ていきかってのような活気も無くなっています。「専門店街」もできた当初は活気がありましたが店も入れ替わり空家もあり寂しくなっています。阿品台に関することを記事にすれば良いのですが資料も少なく苦慮しています。
by hirosan_kimura | 2016-07-21 19:48 | その他 | Comments(20)