素人が調べたもので誤りも多々在ろうかと思いますが、気のついた点はご指摘を頂き、古い資料や写真等があればご一報いただければ幸いです。


by hirosan_kimura

№748 馬飛ばし

e0125014_1241976.jpg
 昨日は旧暦の五月五日のこどもの日であった。例年この日には地御前神社で流鏑馬の行事が行われる。子どもの頃には秋祭り・お正月・管絃祭と並んで年に何回もない楽しみにしている日であった。

 思い出されるこの祭りの日は、小学校は授業は午前で打ち切り、各家では御馳走を作り、神社前にはたくさんの屋台が立ち並び、沿道は人波でごった返し動きもとれないくらいであった。やがて流鏑馬の行事が行われ馬が走り抜け祭りは最高潮を迎えた。

 これらの賑わいは今では夢物語で、6・7軒の屋台・わずかな観客・例年初節句の男の子がお祓いを受けに来ていたが、今年は一人の姿も窺えないような寂しさである。

 何に掲載されたものか不明であるが、古い記事を紹介する。なお写真は昨日撮影したものである。

e0125014_1204494.jpg
 地御前神社では、毎年 御陵衣祭の時、流鏑馬神事が奉納される。御陵衣祭は、旧暦五月五日に端午の節句を祝う祭りで、厳島神社から宮司を迎えて行われる。
 
 この神社は厳島神社の外宮と称され、昔は厳島神社から白い神様と御神体が船に乗ってきて、その神馬を先頭に、白装束の若者が三つの神輿を担いで、参道を歩いたといわれる。しかし現在では、拝殿で初節句の男の子にお祓いをするなどの神事が行われるのみである。  

e0125014_1213252.jpg
 その後、舞楽「後の舞」が納められるが、これは厳島神社で舞楽面陵王をつけて元旦に奉納される「環城楽」「越天楽」で、舞い手も厳島から迎える。

e0125014_123035.jpg
 そしていよいよ、流鏑馬神事である。古式ゆかしい狩人の衣装を身につけた騎手が馬に乗り、まずは客殿の前で天地、東西南北の六方向に厄除けの矢を放つ。その場で馬が三回まわされ、それから参道を三往復する。衣装はすべて昔から使われているもので、笠には「慶長十三年(1608)五月吉日」と書かれており、その頃から行われていたと思われる。当時、安芸の守が私有馬を奉納馬に仕立ててこの神事を行ったのが始まりらしい。

 この地域では、端午の節句に菖蒲と蓬(よもぎ)を束ねて軒に挿して祝う風習があり、端午の節句は菖蒲の節句とも呼ばれる。その菖蒲の読みに勝負・尚武という言葉が掛けられ、流鏑馬神事が行われるようになった。

 地元では「明神さんの馬とばし」と親しまれていたが、馬が居なくなったこと、参道がアスファルトに舗装され馬が走れなくなったことなどから、昭和四十二年を最後に廃止されていた。それが地元住民の熱意で、昭和五十七年六月に十五年ぶりに復活。昔のように馬を勢いよく走らせることはできないが、その勇壮な姿は時代を逆行させてくれる。

 この日にはちまきやかしわもちを食べ、また軒にさしていた菖蒲と蓬を風呂に入れて菖蒲風呂にする風習もある。
e0125014_1221866.jpg
 この「ちまき」は地御前の友人が家で作ったと届けてくれた。子どもの頃には各家で必ずと言っていいくらい粽(ちまき)を作っていた。他の地区では「かしわ餅」を作っていたようであるが、阿品にはかしわの葉っぱが無いのでかたる「サルトリイバラ」の葉で包んだ「かたる餅」を作っていた。かたるをかたらと云うひともある。この粽を包む笹は吉和の方まで採りにに行ったそうである。
 
Commented by hitoshi at 2016-06-10 19:00 x
荊(いばら)と読むようですね。サルトリイバラの葉で「かしわ餅」を作っていたと思います。地御前ではありますが、祖母は、阿品の人でしたからそれが伝えられたのかも。「カタル餅」とも言いました。私の知人に「荊尾」さんという方がおられます。(かたらお)さんと言われます。「かたら餅」が一般的なんでしょうかね。
Commented by Fujio K at 2016-06-10 22:18 x
そう言えば私が子供の頃は、この神社を「地御前神社」とは言いませんでした。「明神さん」と呼んでいました。
明神さんの前の道は、近所の子供たちにとっては運動場であり、神社建物は雨の日の体育館でしたね。
馬とばしのことも鮮明に覚えています。馬は役場の前あたりまで走っていたんでしょうかね。
私の見学地点はいつも大歳神社のまえでした。

Commented by hirosan_kimura at 2016-06-12 09:54
 コメントありがとうございました。阿品では「かたる」と呼ぶ人が多いので「かたら」は間違いかと思っていましたが、「かたら」が正しいようですね。地御前神社は下校路の途中にあるので、学校の帰りには拝殿を走り回ったり床下が高いので床下で遊んだり懐かしい思い出がいっぱいです。
by hirosan_kimura | 2016-06-10 12:15 | 行事祭礼 | Comments(3)