素人が調べたもので誤りも多々在ろうかと思いますが、気のついた点はご指摘を頂き、古い資料や写真等があればご一報いただければ幸いです。


by hirosan_kimura

№625 黄色の溜池

e0125014_1150583.jpg

 鰆浜(現在の阿品一丁目)にはJR線路から奥に延びる谷と下水処理場から奥に延びる二つの谷があった。真っ直ぐ奥に延びる谷は「権四郎谷」、下水処理場から右手に延びる谷は「大谷」と呼ばれていた。

 二つの谷は現在の阿品台団地の下をかなり奥まで延びる谷であった。大きな川はなかったが両方の谷の奥から小川が流れきれいな水が絶えず流れ出していた。

 この谷も阿品台団地の造成で埋め立てられ、小さな川も消滅してしまった。鰆浜の谷もJR線路から奥に家屋が立並び田畑も殆ど無くなっているが、昭和30年代頃まではJRの奥には民家が一軒あるのみで、平地は全て田畑が耕作されていた。現在では田畑も少なくなっているが農業用水が必要なため小さな溜池が作られている。

 阿品(現在の阿品二丁目)ではかなりの規模の調整池が作られ、大水が出たときの水量調整や田畑の潅水用の役割を果たしているが、鰆浜では田畑も少なく小さな溜池である。

 この小さな溜池でも水が切れることは無くいつも水を湛えているが、赤茶色の不思議な色をしている。阿品の川は昔から鉄分が多く川底などに赤い藻のように色が付着していることはあったが、流れる水は清水のようで赤い色が付いていることはなかったが、この溜池は常に赤茶色の水を湛えているのが不思議である。阿品台を造成した際地下を流れる水脈が変わったのかも知れないが、このような水を農作物の耕作に利用しても害はないのか心配である。

 鰆浜の谷で稲作をする農家も僅かで、近いうちに田畑が消滅し農業用水が不用になればこの小さな溜池も埋められてしまうのだろうか。
e0125014_14384333.jpg

by hirosan_kimura | 2014-03-06 13:06 | 鰆浜 | Comments(0)