素人が調べたもので誤りも多々在ろうかと思いますが、気のついた点はご指摘を頂き、古い資料や写真等があればご一報いただければ幸いです。


by hirosan_kimura

№556 鰆浜の川

e0125014_8594995.jpg
 古い記録によると「鰆浜川 水源権四郎谷より流出、海に入る。凡そ五町三拾九間流出」とある。川と言っても鰆浜地区は奥行きも知れているので、小川に毛が生えた程度のものであるが、それでも水が切れることもなくきれいな水が流れ、鰆浜地区の田畑を潤す水源であった。

 権四郎谷を水源とするとあるが大谷と言われる谷からも水が流れ、途中で合流して海に注いでいた。

e0125014_96071.jpg
 鉄道が新設され一部川は改修され、左側の川は鉄道軌道下を暗渠で流し、線路沖より高さ2~3mくらいの高さから真下に流されていた。子どもの頃はこの場所を「鰆浜の滝」と呼び水遊びを良くしていた。

 右側は鉄道軌道の奥に行くガードが作られ、細い道の脇に川が流れるようになっていた。この道はめったに人が通ることも無く、沖側から奥に風が通り脇に小川が流れ涼しいので、夏などには小道の上にござを敷き遊んだり昼寝をすることもあった。人が通る時は一旦ござを仕舞い通り過ぎるとまたゴザを敷いて遊んでいた。

 県病院が新設された際、若干川の位置が変わったがほぼ昔の川筋で、今の鰆浜集会所付近で二つの川は合流している。小さな川ではあったがメダカなども泳ぎ夏になると阿品ほどではないが蛍も飛んでいた。この小さな川で鰻を獲ったと言う人もあった。

 春先になると河口では白魚も獲れていた。満潮になると鉄道線路付近まで海の水が流入していた。

e0125014_926875.jpg
 左側の川は鉄道軌道新設の際に変更されたものか分からないが、天井川とまでは行かないが川が付近の田畑より若干高い位置にあった。川が高いと田畑に水を引き入れるのには便利であっただろうが、少しの大水で田畑に水や土砂が流れ込むこともあった。

 上の写真は昭和26年10月のルース台風で川土手が決壊したものである。川の水が土手すれすれまで増水している。

 写真の写りが悪く鮮明でないが、たくさんの人々が決壊した土手を補修している。左上の民家は鉄道より奥に唯一一軒のみあった家である。この家以外に民家は無いが、今では谷の奥が見通せないほど沢山家が建てられている。

 小さな川であったがいつも絶えることなく清水流れていた川も、阿品台団地の造成により昔の面影は無くなってしまった。権四郎谷から流れる川は奥の山がすべて無くなり、水源が無くなったので川底にチョロチョロと申し訳程度に水が流れているのみである。

 右側の大谷から流れる川は、団地造成で谷が埋められ川そのものが姿を消してしまった。変わりに団地の下水処理場の処理水が海まで放流されている。
by hirosan_kimura | 2013-06-28 09:52 | 地形 | Comments(0)