素人が調べたもので誤りも多々在ろうかと思いますが、気のついた点はご指摘を頂き、古い資料や写真等があればご一報いただければ幸いです。


by hirosan_kimura

№396 海岸線の痕跡

e0125014_1130038.jpg
 阿品は山陽鉄道・国道・広電・団地の造成・西広島バイパス工事等により、海岸が埋立てられ古い海岸線はすべて消滅している。

 それでも良く観察してみると、昔の海岸線らしき場所を僅かに窺うことができる。
e0125014_1534325.jpg

 ①の場所は古い時代から砂浜があったが、国道・広電の新設により埋立てられた。鼓ケ浜の住宅地が埋立てられるまでは、山が海まで突き出しその西裾に砂浜が残っていた。今から40年少し前のことである。
e0125014_1663956.jpg

 その砂浜も僅かではあるが面影がのこっている。廿日市高校の艇庫がある前あたりである。

 潮が満ちると艇庫のすぐ前まで海水が来る。それにしてもこの土地は登記簿ではどこまでが海で、どこから陸になるのか境界がどうなっているのであろうか。
e0125014_16113427.jpg

 この絵図は②の場所で、かつては田尻山の一つの峰が海までのびていた。峰の途中が削られ鉄道・国道・広電の新設により分断されていた。

 ほんの40年前までは、先端に残された山が岬のように残され周囲の風景に風情を残していた。この岬も団地造成のため削り取られ跡形も無くなってしまった。
e0125014_161739100.jpg

 この写真を見ただけでは何か分からないであろうが、堤防と民家の間の溝の下に岬の先端の下部部分の痕跡が僅かに残されている。

 事実かどうか分からないが阿品の言い伝えでは、厳島合戦の際、この岬から厳島まで縄を渡し、その縄を手繰って毛利軍が軍船を厳島まで行ったと言うことである。

 岬の先端には縄を結びつけたと伝えられる「鼻繰り岩」も残っていた。この合戦で勝利したので「運勝の鼻」などとも呼ばれていた。
e0125014_16262110.jpg

 現在「お上がり場」のある場所は、阿品の峰の先端の一つ「監視山」が海に突き出していた。③の部分である。

 その突端に「亀岩」と言われる小岩が海に浮かんでいたが、国道・広電の新設により山の先端部が削られ、「お上がり場」が造成されかつての名残も無い。
e0125014_16311893.jpg

 お上がり場の岸壁の下に、小岩の痕跡の一部らしきものを見ることが出来る。
e0125014_16325889.jpg

 正確に言うと阿品ではないが、かつて広電宮島線の終点で、宮島に渡る連絡船桟橋ががあつた地御前寄りに「沖島」と言われる島があった。④の場所。

 いつの時代か分からないが埋立てられ陸続きになっていたが、国道や広電新設のため陸地側が削られ島の形は大きく変わってしまった。

 それでも島の大半が残され、青々とした木々が茂っていた。子どもの頃は学校の帰りなどにこの島の山に登り「山ぶどう」「あけび」などを採って食べた記憶も残っている。

 昭和38年にこの山も削られてしまい、銀行の保養所・ドライブインなどに変わり、地御前川の海は牡蠣の作業所を新設するため埋立てられた。
e0125014_1644221.jpg

 堤防の下にかつての山の先端下部であった岩の痕跡が僅かに残されているのみである。
by hirosan_kimura | 2011-07-13 09:32 | 地形 | Comments(0)