素人が調べたもので誤りも多々在ろうかと思いますが、気のついた点はご指摘を頂き、古い資料や写真等があればご一報いただければ幸いです。


by hirosan_kimura

№377 いけす

e0125014_1093829.jpg

 JR阿品駅前が整備される前に、国道沿い沿って調整池があった。阿品は比較的土地が低いため、満潮時に川の水を一時的に調整値に溜めておき、干潮時に海に放流するためのものである。

 今では排水設備が整備されているためこの調整池は埋め立てられ、国道沿いの公園の地下に調整池が整備されている。

 埋立てられる前の調整池は、古い地図には「汐廻」とあるが、阿品では「いけす」と呼んでいた。生簀(いけす)とは採った魚などを生かしておくためのものであり、この調整池は該当しないので「池洲」とでも指していたのかも分からない。

 この調整池は国道・広電線路の下の水路で海と繋がっており、樋門により干潮時には排水を海に放流し、満潮時には自動的にゲートが閉まり海水が調整池に流入しないようになっていた。

 このため、海の魚が調整池にたくさん生息していた。子ども達はここで良く魚釣りをしていたが、年に一回、大潮の干潮時に青年団が調整池に網を入れ、たくさんの魚を捕獲していた。大きなボラやチヌなどがたくさん採れていたがいたが、小さな魚や雑魚などのおこぼれを分けて貰うのが楽しみであった。

 今では調整池を始め周辺一帯が埋立てられ当事の面影は無いが、阿品に生まれ育った者にとっては懐かしい思い出がたくさんある。

e0125014_10452546.jpg

 この写真は阿品の調整池ではないが、地御前の電停国道沖のものである。

 今では排水設備が整備され調整池の用をなしていない。大半が埋立てられ一部しか残っていず、泥が堆積し雑草が生い茂っててかつての面影は残っていない。
by hirosan_kimura | 2011-02-27 10:51 | 地形 | Comments(0)