素人が調べたもので誤りも多々在ろうかと思いますが、気のついた点はご指摘を頂き、古い資料や写真等があればご一報いただければ幸いです。


by hirosan_kimura

№267 阿品歴史年表 15

e0125014_695723.jpg
昭和57年(1982年)2月1日
 阿品一丁目~四丁目に住居表示が実施される。

昭和57年(1982年)4月1日
 阿品台東保育園が開園する。 定員200名。

昭和57年(1982年)4月1日
 ふじタウン、644区画が完成する。

昭和57年(1982年)4月
 阿品台~大野町青葉台間の山を切り取り、対厳山線が開通する。

昭和57年(1982年)7月吉日
 岩鏡神社が改築される。施工者 丸市工務店。

昭和57年(1982年)8月2日
 校外バスが阿品台北へ乗り入れが開始される。

昭和58年(1983年)4月23日
 阿品台公民館が開館する。

昭和58年(1983年)4月1日
 阿品台西小学校が開校する。これにより阿品一丁目から四丁目の児童は、阿品台東小学校から校区が変更される。阿品の子ども達の一部は住所の変更は無いのに、入学は地御前小学校。途中で阿品台東小学校。更に阿品台西小学校と校区が変わり翻弄された。

昭和58年(1983年)4月1日
 県立廿日市西高等学校が開校する。

昭和58年(1983年)5月2日
 阿品台公民館に、廿日市町住民課窓口連絡所が設置され、公民館で住民票・戸籍・印鑑証明等の交付が受けられるようになる。

昭和58年(1983年)6月12日
 阿品地区から分離し「阿品台地区コミュニティをすすめる会」が発足する。

昭和58年(1983年)12月1日
 団員10名で阿品台地区に消防団が新編成される。

昭和59年(1984年)2月
 廿日市ニュータウンの全ての造成工事が完了する。

昭和59年(1984年)5月29日
 当日、広島市より阿品台三丁目への転入者により、廿日市町の人口が5万人を突破する。県内8番目の人口規模。
by hirosan_kimura | 2009-12-14 06:03 | 歴史 | Comments(0)