素人が調べたもので誤りも多々在ろうかと思いますが、気のついた点はご指摘を頂き、古い資料や写真等があればご一報いただければ幸いです。


by hirosan_kimura

№154 馬飛ばし

e0125014_1351884.jpg

  昨日は旧暦5月5日。地御前神社の御陵衣祭があった。地元では(ごりょういさい)と言っていたが、(ごりょうえさい)が正しいのだそうだ。

 また流鏑馬(やぶさめ)の神事があり、子ども達はこの祭そのものを馬飛ばし(うまとばし)と親しみを込めて呼んでいた。
e0125014_20553861.jpg
 2時からは神社では長い長い神事の後、舞楽が奉納された。舞楽は毎年二曲奉納されるが今年は陵王と納曾利であった。舞楽には長い歴史があるが、宮中や特別な場を除いて一地方に延々と伝えられて来ていることは、極めて稀有なことらしい。

 その後流鏑馬の神事が行われるが、今は馬も乗り手も殆どいず、道路もアスファルトで舗装され、形式的な神事に終っている。
e0125014_20561350.jpg
 今では露店も数えるほどしかなく、人出も少なく寂しい限りであるが、昭和30年代頃までは地域を挙げての大イベントであった。

 朝学校に登校する時間には露店の準備が始まっており、授業中もそわそわして勉強が身に入らなかった。当時は馬飛ばしの日は学校は昼までで終っていた。急いで家に帰りご飯を済ますと小遣いを貰って神社に駆けつけていた。

 家々ではご馳走を作りお客さんを招き、大人達は日中にも拘わらずご馳走を食べ、お酒を飲んでいる光景がそこらじゅうに見えた。

 露店は神社から小学校附近まで両側にギッシリと並び、何処から来たのかと思うほど人出があった。

 子ども達は僅かな小遣いを握り締め、駄菓子を買ったり籤を引いたりするのが楽しくて仕様が無かった。
e0125014_1649364.gif
 今でも忘れられないのは簡単な小屋掛の中で見たろくろ首である。着物を着て座っている女の人の首が伸びていくのを見てビックリ仰天した。

 何のことは無い。座っている人と首の役は別の人で、首の役の人が幕の切れ目から顔を出し、見ている人には分からないように梯子を上がって行くだけであった。

 そのうち流鏑馬の神事が始まる。馬には白馬と茶色い馬がいて、白馬は神馬で厳島神社から来ていた。茶色の馬は近郊の農家から来ていたが、遠い昔には浅野藩から馬に乗る武士と茶毛の馬が差し出されていたそうである。

 今と違って道路は舗装されていず馬が走り抜けたり、的を弓矢で射るのをわくわくして見たものである。

 この地方では子どもの日の祝いは、「御陵衣祭」に併せ旧暦で行っていた。粽(ちまき)やカタル餅を母親が作ってくれるのも楽しみであった。

 家々の屋根には菖蒲と蓬(よもぎ)を束ねたものが乗っており、厄除けとし後は風呂に入れて子ども達の健やかな成長を願っていた。
 
今は寂れてしまったお祭りであるが、昔のように賑わいは取り戻せないものかと願うばかりである。

 北海道に行ってきます。次回投稿は6月5日。
by hirosan_kimura | 2009-05-29 04:47 | 行事祭礼 | Comments(0)